パソベッツこじま 大動物診療部 in 川南町

pathovets.exblog.jp
ブログトップ

被災地での現状は

 震災から早くも2ヶ月が経過しました。私の周りでは震災直後のような「支援、支援、支援・・・」という状況はなくなったように思います。義援金についても当初は、色々な組織や団体、自治体・・・・あらゆるところから募金の依頼が殺到しましたが、現在はそれもなくなりました。震災に関する報道についてもメディアでごく一部報道される程度になりました。

被災地から遠く離れて、放射能汚染もそれほど心配のないこの地域だからこんな状況なのか???

まさか全国的にこんな状況ではないだろうと思うが・・・

宮崎県は昨年の口蹄疫から1年を迎えました。当時も宮崎から遠い地域ではこんな状況だったのかな?と思っているところです。当時もそうでしたが、国から発表されることが非常に遅く、不信感をもっておりました。国会では今も野党がここぞとばかりに与党批判を繰り返し、答弁者の声もかき消されるほどの”ヤジ”。国として被災者や被害者を支えようと言う姿勢が全く見えてこない。選挙のときばかり声をからすパフォーマンスではなくこんなときに汗して行動する議員を国民は求めているのではないでしょうか?

気になることが!最近、原発から避難されている方の一時帰宅が認められ口蹄疫の作業時と同じ「タイベック姿」で住民の方々が映っていました。確かに放射能物質の付着はある程度防げると思いますが、放射線は防護できないのではないでしょうか?専門家ではないので間違っていたら指摘してください。タイベックはある程度の防水性はありますが、チャックの部分は水を通します。「あんな軽装備」でいいのかな???

原発の破損についても最近になって「あそこも壊れていました」「ここも壊れていました」と次々に新しい事実が判明しています。周辺住民の方は非常に不安だと思います。国がどれほど信用できるか分からない今、しっかりした「真の専門家」が声を上げてほしい。危険なものは危険だということを。

先日、獣医師会から被災地での犬や猫の保護のボランティア募集がありました。”本当の”放射線量やその危険性が示されていない状況の今、被災地の方々には申し訳ないが応募しなかった。

農畜産物についても甚大な被害となっている。放射能汚染された大地は何十年も使用できないだろうし、そこから農畜産物を得ることも出来ないだろう。ただ「安全」を連呼するだけではなく何が危険で、それが原因でどういうことが引き起こされるのか(可能性も含めて)をしっかり説明すべきではないか。これは不安をあおるのではなく被災者の将来に関わることであるし、次の世代にも影響することなのである。
[PR]
by pathovets | 2011-05-20 17:37 | 何でもコメント | Comments(3)
Commented by 青空 at 2011-06-02 21:15 x
青空です。ご無沙汰しております。

宮城県の被災状況はなかなか先に進めず、重被災地の避難生活は長期化しており被災市民の体力が心配になりつつあります。
東北人は忍耐強い人々が多いですが、いずれも限界があります。
行政はがんばってくれていますし、宮崎県はじめ多くの自治体の行政員や民間のかたがたの支援で徐々に復旧が進みますが道はまだまだ遠いようです。

福島県のおかれた状況は惨いの一言です。
すでに県民は疑心暗鬼に陥っています。本当は全員避難しなければならないのか、仕事はどうなるのか、東北4県の物流は守れるのか、子供たちは大丈夫なのか。避難できるものとできないものとの確執も目に見えて福島県の心を蝕んでいます。
福島県の福島市郡山市もあわせて人口150万以上います。この規模の人口を受け入れるキャパシティと食糧供給能力はこの国にはあるのかという点もあります。

この光景は口蹄疫の真っ只中の宮崎県と同じかと錯覚することがあります。助けはこず、防げない。
なんとか彼らに心の安心をもたらす術はないものでしょうか。
Commented by ねむり猫 at 2012-03-29 21:57 x

ネットを見る限り、福島の牛は一昨年の宮崎の牛よりヒドイことになっています。
処分の為、囲い込んで放置(つまり給餌されない)とか…。

今日もこんなのを見つけました。
「毒物」って何なんでしょ??
獣医さんの見解としてこんなのはアリですか?!

http://ameblo.jp/momokohime7/entry-11206540701.html
Commented by pathovets at 2012-04-03 22:41
「毒物」と言われているのはおそらく口蹄疫の際にも使用された薬物を指しているのだと思います。ただ、1時間も痙攣・・・というのは???うまく血管内に入らず、大半が血管外に漏らしてしまった・・・とか??実際の現場を見ていないのと現場の状況を客観的に語れる人と話をしていないのでなんともコメントのしようがありません。口蹄疫や今回の放射能事故で当事者はよく身に染みたと思いますが、国や県などの行政は信用できないということです。なかなか真実は語られません!口蹄疫についても未だ真実は隠されています。