パソベッツこじま 大動物診療部 in 川南町

pathovets.exblog.jp
ブログトップ

ペットの歯周病

梅雨明けからほとんど雨も降らずカンカン照りの毎日で大変です!
さて、毎日診療する中で飼い主さんが意外に気にしていない病気・症状があります。
それは「歯周病」です。
診察室に入ってきてしばらくすると歯周病特有の生臭いというか腐敗臭と言うか・・・
鼻が曲がりそうな臭いが院内に漂います。それとなく口の中を見てみると巨大な歯石で歯が覆われ、
歯肉は真っ赤に腫れたり、膿んでいたり!飼い主さんには口の中を見せて歯周病ケアをそれとなく
促すのですがなかなか口腔内処置まで依頼されることはありません。
もう少しうまく説明せねば!と思うのですが・・・
[PR]
by pathovets | 2013-07-17 16:46 | ペット | Comments(2)
Commented by ねこよ志 at 2013-07-25 10:47 x
わが家の飼い猫ですが、主食はドライフードなんですけど…、歯石がいっぱいついてます。
今4歳で、これから先の健康管理を考えると、獣医さんに歯石取ってもらうべきか?と言うくらいに目立ちます。
所々、歯茎に赤い、或いは白い所もあるのですが…。
あとフードによって歯石沈着に違いはありますか?
まずは歯石を取っての歯磨き&歯磨き効果フードかなあ~?と気になってます…。
Commented by pathovets at 2013-08-13 09:01
ねこよ志様
4歳でまだ若いので歯周病が悪化しないうちに歯石を除去した方がいいと思います。たぶん、いっぱいついているのがわかるほどであれば歯磨きガムやフードでは除去は困難と思います。
ブッチャーはタテガミが長く黒くなって「ウリ坊」特有の縞模様は消えてきました。暑さにも負けず、愛犬ベッキーと格闘しています。最後にはベッキーに耳をかまれてギーギー泣かされています。食欲も旺盛です。