パソベッツこじま 大動物診療部 in 川南町

pathovets.exblog.jp
ブログトップ

2017年 06月 18日 ( 1 )

うちのブタ

毎日エサを与えたり、水を与えたりと世話をしております。4頭ともゆっくり・ゆっくり大きく育っています。ただ、一般の養豚農家で飼育されているようにどんどん大きくなるわけではありません。毎日、広大な放牧地内を走り回り、土を掘り、水浴びをしのびのびと生活しています。一般の飼育豚に比べると横幅がなく皮下脂肪がだいぶ少ないように感じます。この点は少し物足りないような気がしますが、ストレスなくのびのびと育っていくことで本当のおいしい肉が成熟されていくのかなと考えながら見守っています。「山地酪農」が注目されています。乳量は少なく季節によって乳質が異なるが動物(生きもの)と自然環境がうまく循環しています。その副産物として牛乳を得、山野の環境が維持できる非常に理にかなったやり方だと思います。放牧豚や山地酪農は生産性は低いと思いますが、「健康な動物」から得られる畜産物は本当のぜいたく品と言えるのではないでしょうか。
動物たちにストレスのない生活環境を提供し、健康な動物たちが出した糞・尿が肥料となり荒廃した土地を開墾・整地・維持し、そこに生える草を食べる理想を現実化した放牧豚を発信していきたい!
[PR]
by pathovets | 2017-06-18 10:14 | トピック | Comments(0)