パソベッツこじま 大動物診療部 in 川南町

pathovets.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:何でもコメント( 42 )

「まさこ」ついにお母さんに!

我が家の除草担当の「まさこ」が本日お母さんになりました。
「黒・白色」「白・灰色」のオスの赤ちゃんを産みました。予定ではこどもの日くらいだったのですが、無事生んでくれてほっとしています。ちょうどお客さんもいた時で「はじめてヤギのお産をみました!」と喜んでお帰りになられました。
ちかいうちに写真をアップします。
[PR]
by pathovets | 2014-05-01 21:08 | 何でもコメント | Comments(0)

じっくり育てる

病院と家を新築した際にたくさん庭木を植えました。
我が家の庭木の特徴は、すべてが7-80cmくらいのまだ幼木だということです。花の咲く木、実のなる木、落葉樹、果樹・・・すべて小さなものです。3年が過ぎて大きく育ったものではすでに3mくらいになりました。3年目でようやく花が咲き、実を付けた杏、小さいながら毎年たくさんの花をつける桜、昨年から実を付けるサクランボ、ゆすら梅、レモン、びわ・・・。樹木は確実に成長しています。
今年初めてなった杏の実を見ながら自分はどの程度成長したのか???と考えてしまいました。
[PR]
by pathovets | 2014-04-21 20:48 | 何でもコメント | Comments(0)

風邪で寝込んでしまいました

お恥ずかしいことに今週初めから風邪で寝込んでしまいました。
1日ずっと寝ていればいいのですが、数日前からの予約分やちょうどこの時期に重なった再診については断ることもできず診療しました。おまけに水・木曜日は半日ずつ牛の予防注射の予定が入っておりこれも限られた人数で分担しているため変わってもらうのも気が引けて絶不調ながらなんとかまわり切りました。中途半端に寝たり起きたりを繰り返し今日ぐらいからようやく楽になってきました。病気は大変ですね。まだまだ寒い日が続きますので健康には気を付けましょうね。
[PR]
by pathovets | 2014-02-14 17:38 | 何でもコメント | Comments(2)

おとなり木城町の交通安全がすばらしい

今週は往診の時間が早く小・中学校の登校時刻と同じ時間帯が多くありました。お隣の町「木城町」の小・中学校の前を通りましたが、毎日ボランティア?の方々が横断歩道を中心に立たれて登校時の交通安全を確保されていました。信号が変わると対面からくる子供の方へ声をかけながら横断歩道の真ん中くらいまで歩み寄り、折り返し一緒にわたりきる。子供たちは挨拶を返しながら横断歩道を一緒に渡る。お巡りさんも交差点に立って安全確認をされています。
実にすばらしい取り組みだと思いながら毎日眺めていました。
地域ぐるみの取り組みだと思いますが、本当にすばらしい!
[PR]
by pathovets | 2013-12-20 19:06 | 何でもコメント | Comments(0)

あけましておめでとうございます

あけまして おめでとうございます。
新年を迎え3日が経ちました。
皆さん、お正月気分を満喫されていることと思います。飲み疲れの方もいるのではないでしょうか?
元日は残念ながらきれいな初日の出は見れませんでしたが、ちょこっとだけオレンジ色の部分が見れました。
新たな年を清らかな気分で迎えることができました。

例年通り、近所の人たちと初日の出を見て往診へ出発!戻ってきて入院動物の世話と外来診察をして早めに診療を終えた元日の1日でした。

2日目はこれまた例年通り、今年第一号の手術を2件こなし、外来の診察と入院動物の世話をして早めの診察終了。

3日目はすっかり通常モードの診療・・・

今年も仕事を頂けることに感謝しています。
[PR]
by pathovets | 2013-01-03 18:37 | 何でもコメント | Comments(2)

「まさこ」も大人になりました!

我が家に来て約半年になるヤギの「まさこ」。
皆が感心するほどの大変な働き者です。我が家と地区の公民館横のちょっとした広場の雑草はここ数か月きれいに切りそろえたかのように「まさこ」によって管理されています。毎日毎日よく食べてくれます。
病院に来る人から「あのヤギは妊娠しているのですか?」とよく聞かれます。

あれは”妊娠”ではなく、”仕事をまじめにしている証”でお腹が膨れているんです!!!パンパンです!

過疎地や耕作放棄地が多い自治体は、このような小型で飼育に手がかからないヤギの放牧による土地管理を真剣に考えても良いのではないかと思います。

うちに来て少しずつ成長し大人の階段を上っていた「まさこ」も
ついに先々月ごろに「初潮!」を迎えました\(^o^)/
その後も周期的に発情が来るようになりました。今月初めに交配予定にしていましたが、オスヤギの調達ができずに次回へ持ち越しとなりました。うちの近辺にヤギ自体が少ない(いない?)のでオスヤギを見つけるのに苦労しています。

仕事も忙しいですが、”婚活”も忙しいです!
[PR]
by pathovets | 2012-12-05 18:07 | 何でもコメント | Comments(6)

完走しました!!!!!!!!

完走しました!

何を????

実は、昨日「霧島登山マラソン」に参加して走ってきました。途中リタイアするとみっともないので走り終わっての発表です。皇子原公園から登山口までの延々と上り坂の5.5Kmと登山口から高千穂の峰頂上までの3.5Kmの合計9Kmでした。
1月半前から少しずつ練習してほぼ毎日山道6Kmを走って練習していましたが、
本番がこんなにきついとは!!!

最初の5.5Kmは目標通り40分台で歩くことなく通過しました。登山道に入ってからは
地獄でした!地獄でした!地獄でした!地獄でした!
山頂まで全く走ることなくとにかく前傾姿勢で這うように歩いて登りました。半分くらい登ったところで10cmくらいの段差さえ足が上がらなくなり、さらにもう少し登ると汗も出なくなり、風が吹いていて急に冷えてきました。汗でびしょびしょの体がものすごい勢いで冷えていくのを感じながら、気のせいか酸素も薄くなった???
もうだめか!?と思っていたらようやく山頂の人の声が聞こえてきました。
ようやく目標の2時間をきり、1時間48分59秒でゴールすることができました。
ホッとするのも一瞬でまた、歩いて下山しなければいけません。霧が濃くて何も見えなかったので、山頂滞在時間は約30秒で体がまだ動くうちにと気合を入れて下山開始しました。帰りは気分的に楽でしたが、登り以上に滑りやすく、びっくりするほど疲れました。

懇親会では高原町の方のおもてなしで食べきれないほどのご馳走でした。関係者のみなさん、自衛隊のみなさんお疲れ様でした。
 
本当にクレージーな大会でした!
[PR]
by pathovets | 2012-11-05 20:55 | 何でもコメント | Comments(0)

スマホ依存症

週末、勉強会で大阪に行ってきました。非常に勉強になりました。日常の診療で活かしていきたいと思います。

大阪では移動で地下鉄やモノレール等の公共交通機関を使ったり、歩いてあちこちしました。そこで非常に気になったのは電車の中で非常に多くの人がスマホを使っていました。歩いていても、駅のホームでも、定食屋でも・・・・。みんなそんなに何を見ているのか?何を調べているのか????全く理解できない!と思いながら帰路につきました。
帰りの飛行機内では隣に座っていた若いおねーちゃんもずっとスマホ!離陸直前にCAに直接注意されるまで誰かと電話して、上空で機体が安定したころにはすでに画面をタッチしまくり!しばらくしてCAに再度電源を切るように注意されましたが、切ったように見せかけてしばらくしたらまたやっていました。ちょっと注意したら「なんだ~!おやじ!」とは言われませんでしたが、そうやって言いたそうな顔つきでじろっと見られました。

今日、ラジオで「スマホ依存症」というものがあると言っていました。

週末私が目にした人々を

「スマホ依存症」
確定診断と診断した!
[PR]
by pathovets | 2012-10-23 19:18 | 何でもコメント | Comments(0)

「まさこ」スイカを喰らう!!!

すっかり我が家に慣れた「まさこ」です。
環境にも慣れ、毎日すごい食欲で伸び放題の草を食べてくれます。
十分に草刈り作業をこなしてくれています。先日、毎日の”真摯な草刈”のご褒美にスイカをあげました。
果肉も皮も非常においしそうにかぶりついて完食しました。

d0167210_14371676.jpg


最近は、病院のお客さんも「まさこ」の存在に気づき
「かわいい~~~」
「小さくてうちにも欲しいね!」
「子供産ませて、うちにもわけてよ!」
「昔はうちにもヤギがおったな~~~」などなど・・・
 
意外とみなさんヤギを飼いたがっていることがわかりました。
「まさこ」をみて衝動的にではなく、以前から飼いたかったけど分けてもらえるところがなかったとか、
口蹄疫まではいたけど処分されていなくなったので、また飼いたいと思っていたけど、周りの目を気にして・・・


すっかり病院のアイドルになりました。AKBにも劣らない人気ぶりです。
[PR]
by pathovets | 2012-09-15 15:08 | 何でもコメント | Comments(0)

これでいいのか?農業政策

ニュースによると白菜とキャベツが豊作で市場の値崩れを起こすために全農が出荷停止措置を講じたそうです。
私の住んでいる周囲にも白菜やキャベツ畑が多くみられます。時々、収穫せずにトラクターで処分している光景を目にします。あ~とれ過ぎて生産調整だなと・・・。最近は、商社や大手スーパーなどとの契約栽培が多いようです。商社やスーパーは品切れがないようにある程度余裕をもって作付けさせるのだと思います。しかし、作物の発育条件が良すぎると今回のように過剰生産となり、廃棄処分が行われるのでしょう。

原発事故が起こって以来急速に「脱原発」が叫ばれる様になりました。今後どうのようにエネルギーを確保するのか?ただ、「脱原発」を連呼するだけではなく身の回りの生活から考え直さなければいけないのではないでしょうか???
野菜を作るには輸入した肥料を大量に畑にまき、輸入した燃料を大型のトラクターに入れ畑を耕します。輸入した種をまいて、さらに機械を使って肥料や防虫剤などまき、機械を使って収穫。収穫後はトラックで市場に・・・。廃棄するということは、収穫あるいは収穫直前までに使ったすべてのエネルギーを無駄に廃棄するということです。一体どれだけのエネルギー資源を廃棄しているのでしょうね?

どこの学者さんでもいいから面積当たりのエネルギー廃棄量と価格を算出してほしいものです。

国は小作農家を切り捨て大規模農業を推進していますが、それが日本の国土にあった農業なのか疑問でなりません。エネルギー政策の観点からもそれがふさわしいとは思えません。国会審議を拒否し続け選挙をしたがる野党、明確な将来像を示さない与党。いったい何をしているのか国会議員!
[PR]
by pathovets | 2012-09-08 11:12 | 何でもコメント | Comments(2)