パソベッツこじま 大動物診療部 in 川南町

pathovets.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:トピック( 48 )

鳥インフルエンザ発生後、これでよいのか?

残念ながら宮崎県、私の住む川南町で鳥インフルエンザが発生しました。今年は、北海道・東北での発生が多く例年とは若干発生地が変化していました。しかし、養鶏業の方々は気を緩めることはなく防疫活動をしっかりされていました。たまたま今回の農場に出てしまったと言うしかなく仕方がないことです。日ごろの防疫演習等の成果もあり非常に短時間でスムーズに診断から埋却処分まで行えたように感じています。移動制限や搬出制限の養鶏場は経済的損出や次の発生の心配があると思いますが、しっかりモニタリングされているので冷静な経過観察が必要と思われます。
養鶏業者の必死の防疫が行われている最中ですが、本日の地元紙にはでかでかと「過剰な(イベントの)自粛ムードに警戒」と書かれており、口蹄疫の時の様々なイベント等の自粛が過剰すぎ商店街や町の活気を失わせたように書かれていました(私はそう理解しました)。商工会や商店街の方々の意見としてしっかり消毒等の防疫をしてイベントを行うことが町の経済衰退を抑制できるとしています。川南町では毎月月末に「軽トラ市」が開催され町の一大イベントになっていますが、口蹄疫の際は商工会に対して軽トラ市の中止要請しましたが聞き入れていただけず結局、町議や県議さらには県を通してようやく中止ということになりました。
今回も軽トラ市を中止することは「不要なマイナスイメージを植え付ける」との理由で行われるそうです。先にも書きましたが、養鶏業者の方々は防疫に必死になっています。1ヵ月周辺の農場で何も異常がなければ移動制限等は解除されます。なぜ、たった1度の軽トラ市が中止できないのか??? 年に1度というイベントでもなく毎月行われているのに。中止するとどんなマイナスイメージが植えつけられるのでしょうか??? 畜産の町を謳う川南町ですがこんな対応で良いのか、甚だ疑問に思う。過剰な自粛とは思わないが・・・
結果論で「ほら、新たに感染はなかったじゃないか!」という考えで良いのかな~

[PR]
by pathovets | 2016-12-22 13:59 | トピック | Comments(0)

マイクロソフトの陰謀

昨日、病院用のパソコンが勝手にwindows10にアップグレードされ始めました。もう1台のパソコンで調べたら途中で止めさせることができるとあったためそれを試しました。びっくりしたことに、マウスも矢印バーも反応せず結局「承諾」ボタンを押すしかなくなり10にアップグレードが完了してしまいました。このパソコンで使用している顧客管理ソフトは10では使えないため診療がストップしてしまいました。マイクロソフトに電話しましたがお決まりの「回線がこみあって・・・」のアナウンス。しまいには強制的に電話が切れる始末です。全く関係ない部署に電話するとすんなりつながり事情を説明し数時間後に技術部から電話があり7に戻してもらいました。なんとか使えるようになったと思ったら「言語のタスクバー」がなくなっておりこれを戻すのに数時間・・・。時限爆弾のように勝手にアップグレードし使えなくし業務妨害が許されるのか???
何度も電話してもつながらないし、何度も電話すると強制的に切られたり・・・。約1月前にはやはり同じことがありこの時はパソコンのハードまでおかしくなり結局、専門業者にハードの中身を取り出してもらうことになってしまいました。何十万も損害が出ているのによく訴訟問題が起きないな~と思って傍観していいるところです。
皆さん気を付けましょう!
[PR]
by pathovets | 2016-06-14 10:12 | トピック | Comments(0)

15の春

昨日は県立高校の合格発表があったようです。
往診の途中に中学校の前を通りましたが、ニコニコはしゃぎながら帰る中学生をたくさん見ました。
合格したんでしょうね!
ただ、ニコニコして帰ることのできない生徒もいたはずです。
私は高校受験に失敗しました。合格発表の日のことを今でも覚えております。発表を待つ教室で友人らとがやが話をしていると、担任の先生がさりげなく「ちょっと」といって別室へ・・・。
そこにはすでに2人がうつむいて座っていました。その2人を見たときに自分が落ちたことに気付かされました。そこで担任からこれか先のことを説明され、人生には挫折もあるからと・・・ずいぶん長いこと話をされました。教室に戻るともう誰もおらず1人で家に帰りました。
それから3年間がんばって大学に入りました。しかし、高校の通学は落ちた高校の生徒と同じ列車でした。もんもんとした3年間でした。当時はその挫折、おかれた状況に対応するだけの精神力がありませんでした。周りの人に支えてもらってやっとのことで高校が卒業できたように思います。高校受験の失敗は「15の春」には想像以上にきついものがありました!
[PR]
by pathovets | 2015-03-20 22:02 | トピック | Comments(0)

まさこお嫁に行く!

我が家の山羊の「まさこ」が2日間お嫁に行き、今日戻ってきました。
とても”元気”な旦那さんでまさこの帰り際もなかなか放してくれませんでした!
たぶん5か月後にはかわいい赤ちゃんを産んでくれることでしょう!
[PR]
by pathovets | 2014-11-20 18:49 | トピック | Comments(0)

東京には意外と蚊が多いですね

数日前セミナーで東京に行きました。
東京では「デング熱」の患者さんが多く出ているようです。
○○公園で感染というニュースを聞いていたのですが、森や林、水辺がない街の真ん中でも”蚊”が結構いますね!
ビルの中、飲食店の中、ホテルの中で見ました。別に気にしていたわけではありませんが、飲食店の中で蚊に刺されてこんなところでもいるんだと思いました。

うちの周りにはもっとたくさんいますが!!!
[PR]
by pathovets | 2014-09-11 21:38 | トピック | Comments(0)

今回の台風はすごい

台風11号が直撃です。
朝からすごい雨と風、夕方からは雨はおさまりましたが暴風が続いています。
今日は休診にしようかと思いましたが、昨日からの牛の継続治療もあったので嵐の中往診へ行きました。
道路はところどころ冠水したり、木の葉や木の枝でいっぱい。大木が倒れているところも・・・。
一番雨風の強かった午前中に往診を終え、ペットの診察に追われました。
台風だからといって病気が無くなることはないので通常の診療であることは当たり前なのですが!

夕方雨がおさまったので外に出てみると強風により庭木の多くが傾いていました。おそらく根が切れているだろうと思います。しばらくすると一部の枝葉が枯れるか、木全体が枯れるかもしれません。
雨風がおさまったら診療の合間をみて「獣医」から「樹医」へ変身しなければ。

皆さん台風には気を付けてください。
[PR]
by pathovets | 2014-08-09 21:41 | トピック | Comments(0)

この指と~まれ

数日前に保護されてきました。コウモリの赤ちゃんです。ピクピク動くので少しピンボケ・・・
d0167210_19502320.jpg

あまりに未熟でまったく動かなかったので、その日のうちに死んでしまうかも!
と思いましたが翌日から元気にミルクを飲み始めました。
当面の目標は離乳までなんとかもっていけるようにがんばっています。
たぶんアブラコウモリだと思うのですが・・・
[PR]
by pathovets | 2014-07-11 19:52 | トピック | Comments(0)

STAP細胞はどこへ?

本日小保方さんが会見したようですね。見ていませんが!
とても大きな発見と言われただけに問題も大きくなったようです。論文の不正確さとそれに続いて本当にSTAP細胞があるのか?
私自身、大学院の博士課程を修了し少しだけ研究員生活を送りました。今は大学の先生も含めて長い期間を使って研究成果を出せる環境にありません。数年で結果を求められるために目先の結果にとらわれ、息の長い研究がなかなかできない状態です。若手研究員はほとんどが安月給(年俸)で数年の任期付ですので、契約が更新させるにしても数年である一定の成果が必要になってきます。
STAPの有無は本人も含めて再現実験で再現できればすぐに解決できる問題だと思います。
しかし、トップジャーナルに投稿した論文にしては「単純ミス」で済まされるのか?と言うくらいずさんすぎるように感じました。この件に関しては完全にアウトではないかと思いますが・・・。
理研の指導者にも大きな責任があるでしょう!
[PR]
by pathovets | 2014-04-09 21:01 | トピック | Comments(0)

ひよこの誕生

今月初めに種卵を譲ってもらい孵卵器にいれておいた卵が昨日から今日にかけて孵化しました。黒いのは黄斑プリマスロック、白いのはチャボです。雄雌不明ですが、早く大きくなって卵を産んでほしいです。チャボは昔はどこにでもいましたが、最近は全く見なくなりました。小さいですがとても人になついて卵も比較的よく産み、なんといっても抱卵・子育てが上手です。

ヤギの「まさこ」のお腹もおっぱいも驚くほど大きく張ってきました。予定日はゴールデンウィークなのですが・・・。こちらも楽しみです。d0167210_2162820.jpg
[PR]
by pathovets | 2014-03-25 21:09 | トピック | Comments(1)

中国で勉強

先々週は風邪で寝込んでいましたが、先週は気合で風邪を治し中国に獣医鍼灸の勉強に行ってきました。
「鍼?、あやしい~~~~!!!」というのが世間一般の印象ではないでしょうか?実は、私自身も細々と小動物臨床の中で鍼灸をやっておりましたが、あまり大きい声で「鍼灸やってますよ!」とは言ってきませんでした。しかし、今回中国で勉強して「治るものは治るんだ!」ということを目の当たりにしました。少しずつ症例を増やして自信をつけたいと思いました。
PM2.5の威力のすごさも感じました。
[PR]
by pathovets | 2014-02-24 21:47 | トピック | Comments(0)