パソベッツこじま 大動物診療部 in 川南町

pathovets.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

高齢動物の健康診断は重要です!

 当院は開業して7年目です。開業当初から子犬や子猫で来院していただいた飼い主さんのペットは高齢期に入りました。数年前まで、高齢動物の健康診断についてあまり啓蒙していませんでした。一時期、啓蒙した時期があったのですがあまりに飼い主さんの反応がなかったのでそれ以降やめてしまいました。しかし、最近になり高齢動物の内臓疾患をよく診るようになりました。内臓疾患は初期ではほとんど無症状のことが多いため、症状が表れたときには随分進行していることが多いです。
 常日頃、もう少し根気強く啓蒙しなければいけないと反省している毎日です。

このブログをみて気になった飼い主さんは、是非かかりつけの獣医さんに健康診断をお願いしてみてください。

何もなければ、安心です!

早期発見できれば十分治療効果も望めます。
[PR]
by pathovets | 2010-08-30 20:45 | ペット | Comments(11)

ついに清浄化宣言!

27日に「予定通り」清浄化宣言が出されました。またしても、堆肥化処理で必殺技の「特例」を使ってしまいました。
当初から、私達現場の獣医師や農家の方は放置された糞尿は簡単に発酵しない!と言ってきました。しかし、現場を理解しない方々によって短い期間の中で60度と設定されました。案の定、発酵しない農家が続出!最終的に49度に変更されました。もう少し時間をかけてうまく処理すれば60度に持っていけたはずです。

結局、これも日にちありきだったのでしょう。今となってはあまり驚かなくなりました。

驚いていることが1つ。
地元の開業獣医師で殺処分に参加したものは、日当が出ることになっていました。県の予算がないとの事で出るかどうか?そこで獣医師会(県?支部?)からいくらかでも出したいが、ここにも財源が十分にないようで。結局、殺処分終了から2ヶ月たちますが、どこからも何にも言ってこない。出さないのなら、最初から期待を持たせるようなことは言わないでほしかった!
[PR]
by pathovets | 2010-08-29 20:32 | 口蹄疫 | Comments(11)

なぜか交通事故が多かった

 先週はどういうわけか交通事故のペットの受診が多くありました。
幸い命を落とした動物はいませんでしたが、重症な子もいました。

          ドライバーの皆さん! この暑さで注意力が低下しているのでは・・・。

前後左右、安全運転でお願いします。



このところ非常に暑い日が続いています。熱中症のペットも多く受診しています。日中、仕事へ出かけている間のペットのケアは大丈夫ですか?

「扇風機をかけているから大丈夫だと思っていました」という飼い主さんが大半です。扇風機をかけっぱなしでも部屋を閉め切った状態ですので温風を送っているようなものです。防犯上の問題もありますので、それぞれで上手に暑さ対策をお願いします。電気代はかかりますがエアコンをかけておくとか・・・
[PR]
by pathovets | 2010-08-18 20:55 | ペット | Comments(12)

久々に

 皆さん、大変ご無沙汰しております。ここ最近まったく投稿していないことを案じたくさんの方からご心配を頂きました。骨折の手はいまだ治っていませんが、痛みがなくなったので私なりに「完治」としたところです。

 私がなぜ投稿やコメントを控えたのか?     面倒だから!というのではありません。
いくつかの理由がありました。

・あまりに多くのコメントに対応しきれなくなりました。専門性を持った方、噂話や冷静さを失った感情的な方、個人攻撃する方・・・ためになるコメントが大半でしたが、そうでないコメントも目立ち始めました。私自身も冷静にコメントできなくなりそうで、冷静なうちに中止しました。

・骨折して固定していたためにキーボード操作が出来ませんでした。

・私自身が精神的に「口蹄疫」について考えたくなかったからです。殺処分中、殺処分直後は比較的冷静に「口蹄疫」について考えることが出来ました。しかし、家畜が皆無になった町を見ると日を追うごとに自分が何千頭もの牛を殺した事実を改めて感じるようになり罪悪感に苛まれ、鮮明に殺処分の現場がフラッシュバックする等など、これがPTSDか?と思う今日この頃です。何千もの牛の命を奪ったことはこれから私が一生背負っていくべき重い十字架であり、生涯消え去ることのない事実なのです。この経験を私が畜産にどのように活かしていけるのか?活かしていくべきか!を常々考えているところです。
今は、しっかりと今回の事件を検証して、それをもとに復興に役立てるべきところですが私は、すでに用済みのようで時折、疫学調査で意見を求められる程度です。

こんな事が理由でした。



先日、ある生産者の方と話をしました。県や町独自の検証や復興にも関して、一部の生産者代表がメンバーとして入っているが自分たちの意見を吸い上げてくれる場がない。ごく一部のメンバーによって今後のことが決められようとしていることに不安を感じる。他にも色々と言いたいことがあるようでした。他にも同じようにいいたいことがある方がたくさんいます。本当に皆が納得できる復興プランができるのか????
[PR]
by pathovets | 2010-08-18 20:41 | 口蹄疫 | Comments(8)