パソベッツこじま 大動物診療部 in 川南町

pathovets.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

プロ野球開催の意義は???

 この震災のさなかにセリーグは今シーズンをほぼ予定通り開催するらしい~。選手会や世間を気にしたのか、多少譲歩して当初の開催より遅らせはしたものの・・・。
 野球で被災者に勇気を!、元気を!というが、復興もままならず、まだ多くの方々が行方不明、遺体安置所の保管されている遺体も身元が分かっていない方が多くあると言う。

 現地が比較的落ち着きを取り戻して「本当の復興期」であればスポーツを通して!というのも理解できるが。一般市民や善良な企業が節電・節電と協力しているにも関わらず、

            一方で明々と電気を照らして野球か~~~

全く理解できない!野球も企業活動の一つだと思うが、某新聞社のWオーナーの独裁がまかり通るセリーグに疑問だ。

「あの方(W殿)」一人説得できない野球界、情けないぞ!!!

W、だれも意見できないほど偉いのかい?
[PR]
by pathovets | 2011-03-21 16:31 | トピック | Comments(1)

いざ!と言うときの備え

 依然として災害地域での物資の不足が伝えられています。

当院に現地から避難して来た方が来院されました。3人家族(旦那さんがフランス人、奥さんは日本人、もうすぐ3歳の男の子でした)で被災後、東京の知人のところへ避難し、その数日後に宮崎の知人宅へ避難して来たそうです。数日以内に日本を出国しフランスへ戻りたいと言うことで、ペットの猫ちゃんの出国手続きに関して来院されました。宮崎県内でもかなり遠方から電車とタクシーを乗り継ぎ来院されました。

昨日、電話で事情を聞いていたのでフランス大使館等で出国に関する必要事項を事前に調べておきました。フランスはEU諸国統一の出国審査用の様式があります。それにしたがって準備が必要です。

1.マイクロチップの埋め込み
2.狂犬病のワクチン接種
  1月間隔で2回接種し、その後抗体検査が必要(EUが定める機関へ血液サンプルを送付し検査を依頼)
3.外部寄生虫の駆除(ノミ・ダニ)
4.エキノコックス症の駆除

上記を実施し英文証明書を発行します。2を除いてすぐに出来るのですが、2回接種しその後に検査・・・。今回は緊急事態ということでフランスが許可をするかどうか不明です。とりあえず1回接種し、すべての処置を行い証明書を作成し飼い主さんにお渡ししました。子どもの頬には新しい切り傷がありました。被災したときのものかどうか分かりませんが、出国の準備などで毎日ばたばたしているのだろう・・・と感じました。ご夫婦ともに疲れた様子でした。
御代はいくらですか?・・・と言われましたが、とても請求する気にもなれず微力ですが私からの支援として全ての処置と手続きをさせていただくことにしました。我が町は大変な田舎なので特急が止まらないため、妻が隣町の駅まで送り届けました。駅に着くまでに子どもは車の中で寝入っていたそうです。子どもも疲れがたまっているのだと思いました。
無事に猫ちゃんを含む家族全員出国できればと祈るばかりです。


当院では毎年1~2件海外への渡航のためにペットの渡航手続きを行います。少ないですがこれまでに数カ国の手続きを行いました。その中で一番問題になるのが、狂犬病のワクチンです。これまで経験した国の全てが上記のように2回接種し、その後抗体検査(しっかり免疫ができたかどうかの確認)です。抗体検査も日本の検査機関(国内に1箇所)で良いところもあるし、先方の指定する機関での検査を求めるところもあります。ほとんどの場合、出国日が決まってから出国の準備をするため「ペットには何が必要なんだろ?」と調べると上記のような1~3または4までの処置を求められます。狂犬病のワクチネーションと抗体検査が間に合わない!!!ということが多くあります。
海外への渡航予定がある方は、犬・猫については毎年狂犬病のワクチンをしっかり受けましょう!そうすれば約1月は時間短縮が出来ます。

もちろん蔓延防止のためにも渡航予定のない人も「犬」については受けてください!
[PR]
by pathovets | 2011-03-19 21:13 | 何でもコメント | Comments(6)

みんなでがんばろう!

 東北での大地震に加え津波で大変な被害が広がっております。また、原発の損傷による被爆も懸念されております。被災者の方々にお見舞い申し上げますと共に、お亡くなりになられた方々のご冥福をお祈りいたします。

口蹄疫の際には、全国からブログを通して励ましを頂きました。微力ながら、このブログを使い安否確認等ができるのであればコメント等でご使用ください。連絡手段として使っていただきたいと思います。電力などの関係で、被災地の方々の使用は限局的かもしれませんが・・・。
[PR]
by pathovets | 2011-03-15 11:54 | 何でもコメント | Comments(7)

馬を飼おうと思ってます!

 ずーっと前から馬が飼いたいと思っています。昨年、病院と家を建てましたが、それに隣接する土地が畑のまま(ほぼ放置状態)残っています。父親の土地ですが・・・。

 恥ずかしながら、小生、子どものころの夢は騎手になることでした。私の住む川南町は戦時中、軍馬補充部があり馬の繋養地でもありました。その関係かどうか分かりませんが、幼いころ町内には軽種馬牧場がいくつかありました。近くの牧場に連れて行ってもらい、道路沿いにある馬場に放たれた馬をひたすら眺めるのが楽しみでした。叔父さんが馬関係の仕事をしていましたが、私が騎手に向いていない(なれない!)ことを察したのでしょう!”やんわりと”諭してくれました。

 あれから何十年も経ちますが、特に馬術部に入るとか乗馬クラブに行くとかそんなこともなく「漠然とした馬好き」でした。本業をがんばりつつ馬小屋代がたまったら馬を飼います。
[PR]
by pathovets | 2011-03-09 22:00 | 何でもコメント | Comments(2)

食いしん坊が裏目に!

先週

犬が釣り針を飲み込んでしまった!

と飼い主さんが慌ててワンコと一緒に来院されました。
どうやら飼い主さんが「鯉」を釣るために用意した仕掛けを「コイ」が食べる前に


  ”食いしん坊ワンコ” 


が丸呑みしたようでした。
ワンコは来院時、元気そのもので「なぜ、自分はこんなところに連れてこられたんだろう????」と言う感じでした。
確認のためレントゲンを撮ってみました。
d0167210_22163039.jpg

胃の中にしっかり写っていました。私も子どものときによく使ったことのある針で5~6本が束ねられた針でした。その日のうちに胃を切開して取り出しました。2本は胃の粘膜に引っかかり、1本は胃壁を貫通していました。手術前は何しに連れてこられたのか?と言う顔つきでしたが、さすがに翌日の半日程度はすっかり「病人」の顔つきでした。
24時間の絶食で点滴を維持し、その後流動食を与えましたが、さすが「食いしん坊」だけあって流動食だけでは物足りないらしく盛んにおねだりしていました。
1週間で元気に退院していきました。
[PR]
by pathovets | 2011-03-01 22:28 | ペット | Comments(1)