パソベッツこじま 大動物診療部 in 川南町

pathovets.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 09月 ( 1 )   > この月の画像一覧

メディアの言葉あそび

しばらく更新していませんでした。特に忙しかったわけでもなく・・・たんなる「怠慢」です。

最近になってようやく、原発事故後の許容放射線量を危険だ!と警鐘を鳴らす学者が出てきました。しかし、これもインターネットを通してのこと。テレビやラジオでは危険性を指摘する意見は皆目聞かれません。すべてイエスマンのコメントだけです。

新政権発足間もなく、某大臣が”死の町”発言でメディアにたたかれ辞任しました。
「ゴーストタウン」と表現すればよかったとコメントする人もいましたが、
実際の現場を見ての率直で重きある発言ではなかったでしょうか?
現地の方がこの発言に憤慨しているとテレビで見ました。インタビューを受けた地元の方は皆一様に「不適切な発言」というようなコメントをされていました。しかし、視聴者にはレポーターは何と質問したのかは全く知らされていません。

私たちのように遠方に住み最近では原発がどのような状況かさえ情報がないものにとっては、前大臣の発言は非常に端的で想像しやすい表現であると思います。「死の町」にしたのはこれまで長きにわたる電力会社や政治家の責任であると思います。

この発言で多くの人は「やっぱりそんな状況になっているんだ!」という認識ができたのではないでしょうか?
危険なものは「危険」、大丈夫でないものは「大丈夫ではない」ということをはっきり教えてほしいものだ。あれだけの事故が起こったのだから御用人が声をそろえて「安全・安全・・・」な訳はないと思う!


「放射能つけちゃうぞ」は不謹慎だと思いますが・・・

言葉を大切にするメディアが一部の言葉だけを捉えて、社会情勢さえも悪化させてしまう。自分たちの都合の良い番組作りのため、それに沿ったコメントをしてくれる御用人をゲストに据える。我々はそれを見て感化されてしまう。私たちはどこまで情報を信じればよいのか?裏の裏まで読まなければならないのだろうか。

本当にこんなことでよいのか???
日本は大丈夫か???
[PR]
by pathovets | 2011-09-14 18:08 | トピック | Comments(0)