パソベッツこじま 大動物診療部 in 川南町

pathovets.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

確実に老いてます!

 動物病院を開業して以来、特別な理由がない限り休みなく毎日診療するスタイルをとってきました。といっても開業当初はほどんと患者さんも来なくて毎日が休日のようなものでしたが・・・。

おかげさまで、最近は毎日仕事をしていると実感できる程度になりました。こうなると暦の休みなど関係なくなるため曜日の感覚がなくなってしまいます。かろうじて子供たちが家にいると「あっ、今日は日曜日」と感じる程度です。本当はこんなことではいけないのでしょうけど。
 
そんな毎日ですが、三女が今週保育所を卒園します。4月には入学式です。

「あ~この子も、もう小学生か!!!」と時の流れをしみじみ感じました。
意識しない間に「自分も老いているんだな~!」と久々に鏡に映る自分をじっと見てしまいました。
[PR]
by pathovets | 2012-03-21 21:31 | 何でもコメント | Comments(0)

ノドにキャベツが詰った!

数日前の夜、キャベツの芯を食べた後から「ゲ~ゲ~吐くんです」と飼う主さんから電話がありました。すぐに病院に来るようにお願いし、うちには内視鏡がないためバリウムを飲ませてレントゲン撮影しました。
胃の入り口付近に細長い「物体X」が・・・。私はキャベツの芯と聞いて、キャベツの中心にある茎?の部分だと思い込んでいました。
レントゲンに見えているのは、細長い物体!!!  何これ??? と思いながら
飼い主さんにレントゲンを見てもらいながら話をしていると、キャベツの葉の中心の固いところだと言うことが判明。「なるほど! あそこですね!」ということで物体が「与えたキャベツの芯」と断定。

さ~、内視鏡がない。なるべく手術することなく処置したい。
病院内を宝探しするように何か使えそうなものはないかな~と探したところ大型犬の麻酔で使用する長めの気管チューブがありました。この犬も大型犬だったので十分な食道の太さがありました。麻酔をかけた犬の口から気管チューブを食道に挿入しキャベツの芯を胃の中へ送り込んであげました。
その後、レントゲンで見ると食道にあったものはなくなっていました。麻酔も覚め、何事もなかったように帰ってきました。

ほっとしながら、カルテをかいて寝ることができました。

ワンちゃんたちは結構いろいろなものを丸飲みするので気を付けてくださいね。
[PR]
by pathovets | 2012-03-15 11:27 | ペット | Comments(0)