パソベッツこじま 大動物診療部 in 川南町

pathovets.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

口蹄疫の影響 ~~~いま~~~

口蹄疫発生から2年が経過し、世間的にはすっかり忘れられてしまった感があります。
東日本大震災ですら最近はあまり話題にもならなくなったように思いますので、口蹄疫についてはなおさらのことだと思います。

農家の再開も6割どまり、頭数ベースでは6割にも満たないと思います。口蹄疫終息後、私は5~6割くらいの再開と見込んでいたのでやっぱりかという感じです。あの当時、8割近くの再開を予想していた団体もありましたが・・・。予想が的中したとはいえ、現実問題としては厳しいものです。1日数件あるいは日によっては往診の依頼のない日もあります。

先日、医療機器メーカーのディーラーの方が病院に来られ、現況を聞かれました。農家戸数と家畜頭数が激減したことで獣医の仕事が減り、薬の購入量が減り、新たな機器の導入を控える・・・これによって医療機器メーカーも動物薬ディーラーも大打撃を受けて経営が大変みたいです。

農業や漁業などの一次産業が盛んな地域ではこれらが衰退することで町の工商すべてに影響を与えることを目の当たりにしました。

一次産業の衰退がここまで広範囲な業種に影響を及ぼすことまでは全く予想できませんでした。単なる予算や補助金のばら撒きでは根本的な解決にはならないな~~~としみじみ感じました。
[PR]
by pathovets | 2012-05-28 21:38 | 口蹄疫 | Comments(0)

蛍の光

昨晩、牛のお産で往診に出かけました。
眠い目をこすりながら・・・

牛舎に行って母牛を見ると汗だくになって湯気が出ていました。お産が始まって結構な時間が経っていたようです。逆子でしたが、比較的早い時間で処置することができて無事大きなオスの子牛が生まれました。

夜中でしたが、すっかり眠気も覚め、使った道具や長靴などを洗い農家の方と少し談笑して帰路に就くことにしました。車に乗ろうとしたとき足元に小さな明かりがともっているのに気づきました。よく見ると蛍でした。少し離れたところにも数個の小さな明かりが・・・


道路脇にある水路がありましたので、そこで孵化した蛍たちだったのでしょう。
夜中で疲れていましたが、少しだけ疲れが取れたような気がしました。
おかげでいい気分で布団に入ることができました。


でも、朝5時には犬の分娩がおかしいということで帝王切開が始まりました!!!
[PR]
by pathovets | 2012-05-23 21:34 | トピック | Comments(0)

動物いろいろ

当院では、対象動物を設けず自分で診療できる動物に関してはすべて対応しています。魚(金魚、鯉)、爬虫類、両生類、鳥類、エキゾチック(ネズミ類、フェレット、ウサギ・・・)、犬、猫、牛、馬、山羊、豚・・・様々です。

1日で何種類もの動物を診療することがありますが、それぞれ特性が違い頭の中を整理するのに大変です。特に採血が必要な場合・・・。

牛の採血、今度はウサギ、次は豚、その次は犬・・・・。血管の太さも、採血の位置も、暴れ具合も違います!

改めて気の抜けない仕事だと思います!
[PR]
by pathovets | 2012-05-13 18:40 | 動物病院について | Comments(0)