パソベッツこじま 大動物診療部 in 川南町

pathovets.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

終息宣言から3年

口蹄疫の終息から3年が経過しました。
この3年で口蹄疫の真相はどれくらい明らかにされたのかを考えると「皆無」に等しいのではないか。
一方で、原因はいいからとにかく「農家はちゃんと消毒しなさい」と言う雰囲気だけのように感じます。
空港のマットは乾燥していることが多いと感じるのは私だけでしょうか?勉強会等で飛行機で県外に行く際は必ずマットの濡れ具合を手で触ってみます。私が触るときだけ偶然乾燥しているのでしょうか?
農家の中で消毒や衛生管理に対する温度差があるのは事実です。
国はもう少し本気で防疫に取り組んだ方がよいのではないでしょうか。原発事故で何でもかんでも東電に責任を押し付けているのと同じような気がします。
県の口蹄疫復興基金の使い方、本当にこれでいいのでしょうか?
真相も明らかにしないままセレモニーやイベント、何かにつけて「復興、復興・・・」の掛け声、本当にこれでいいのでしょうか?

「これで いいのだ!」

とは言えないはずです。
[PR]
by pathovets | 2013-08-28 21:10 | 口蹄疫 | Comments(1)

挨拶のできない子供たち

うちには小学生以下の子供が4人います。小学校、保育所と。
子供たちの友達が遊びに来たり、子供会の行事で大勢の子供たちと接する機会があります。
最近の事ではなく以前から感じていたことですが、今の子供たちは学校の外では人に会っても
自分から挨拶をしない!こちらから挨拶して挨拶が帰ってくればいい方です。
こちらから挨拶をしても「この人何?」というような顔で見られるか
「完全無視」の状態です。
最初は挨拶をしない子供に頭にきていましたが、
最近は「この子供たちはいつか挨拶ができるようになるのだろうか?」
「何十年先には今のように普通に挨拶する習慣がなくなっているのでは・・・」
と心配と言うかなんか変な感じを受けます。そういう子供たちを見るたび、家に帰って自分の子供たちにはしっかり挨拶をするように指導しています。自分の子供が外でしっかりできているのかどうかわかりませんが、
こうなったのは私たち大人の躾不足なんですよね。
大人のみなさん、不審者扱いを恐れずに周囲の子供には積極的にいい干渉をしましょう!
[PR]
by pathovets | 2013-08-20 21:09 | トピック | Comments(0)

井戸掘るか!

毎日暑いうえに全く雨が降りませんね!うちは近くの山の沢から水を引いてい生活雑用水に使用しています。数年前にその山の木を伐採した際に業者が勝手にホースを掘り上げてしまいました。数日後には元にも出されたのですが、それ以降明らかに水量が落ちてしまいました。10日前くらいから、まったく水が来なくなりました。沢の水量も減ってはいるのですが、全く来ないような量ではないのでホースのどこからか漏れているのか?石ころでも詰まっているのか?・・・。本当に迷惑なことをしてくれた業者です。
うちのホースは隣の苗木業者と一緒に使っているのですが、苗木に水もやれないため枯れ始めているということでした。何十年も前から沢水を使ってこられたようですが、ホースの堀上事件まではいくら雨が降らなくても相当の水が来ていたようです。業者に頼んで山から庭先までの何百メーターもホースの中を確認したり新たにホースを引き直すのは相当なお金がかかると予想されます。
昨年、なんとなく打ち込み井戸を掘りかけて3mほどで石にぶちあたって断念しました。水が来なくなった今、昨年と別な場所に再チャレンジしてみようと思います。早朝か夜中に1日1時間くらいの作業で、何日かかるかわかりませんが!!!
[PR]
by pathovets | 2013-08-13 09:29 | トピック | Comments(0)