パソベッツこじま 大動物診療部 in 川南町

pathovets.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

中医学(東洋医学)による治療

当院では開業当初より鍼治療などの中医学を”ひっそりと”行ってきました。
今年の2月に中国で「獣医鍼灸師」の資格を取ってから症例を増やし、動物用の漢方薬も取り入れて診療を行っています。当然、中医学では治らないものもありますのでそこはしっかり見極めて「東洋と西洋の融合」でうまくやっております。患者さんの中にもあまり抗生剤を使いたくないとか、できるだけ自然な治療を望まれる方も結構おります。できるだけ希望に沿うように対応させていただいております。
鍼治療が効いているな~と思うのは治療中にリラックスして「ぶーぶー」おならをする、涎が出始める、目がとろんとし始めるなどの変化が見られるところです。さらには足がマヒしていた犬が鍼治療を終えるときには踏ん張る程度にまで動き出したりすることもあります。
自然治癒力をうまく引き出したり、手助けするのが中医学かなと考えています。
[PR]
by pathovets | 2014-06-16 21:22 | 動物病院について | Comments(0)

子ヤギが巣立っていきました

毎日元気に走り回って、悪さばかりしていた子ヤギたちは新しい飼い主さんのもとへ行きました。
生後1週間くらいでどんどん草を食べ始め気が付いたら3週間くらいで離乳していました。離乳したころから急に食欲が増して2匹の子ヤギで家の周りを探検しながら悪さをしながら色々なものをつまみ食いしていました。1年前に友人にもらった「さつき」がやっときれいな花を咲かせたその日にすべて食べつくしていました。
新たな飼い主さんのところでかわいがってもらっているようです。
[PR]
by pathovets | 2014-06-03 17:49 | 何でもコメント | Comments(0)