パソベッツこじま 大動物診療部 in 川南町

pathovets.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

熱帯魚 水槽からダイブ!

病院の待合室に熱帯行の水槽があります。
以前、水槽の掃除をした後にサーモスタットの誤作動ですべて煮魚になった後、
あらたに熱帯魚を入れました。
とても小さかったのですが、2か月でだいぶ大きく成長しました。ところが、最近水槽上部のガラス板との隙間から餌やりの際によく飛びついてきて、勢い余って外へ飛び出てしまうことが良くありました。見ている時はすぐに水槽へ戻してやるのですが、ここ数日見ていない時にダイブしたらしく床で干からびているのを2匹発見しました。
煮魚の次は干し魚か・・・
[PR]
by pathovets | 2015-06-16 18:32 | ペット | Comments(0)

無知な繁殖

数日前に深夜に犬の帝王切開を希望する飼い主さんが電話をしてきました。
「胎盤剥離で大変なことになっている・・・」「生まれてきた子供が全部死産で・・・」「まだお腹が大きいような気がする・・・」などなど、一方的にしゃべってこちらの話がまったく通じない。慌てているのか、そんな性格なのかよくわからないが、とにかく何度も同じことを次から次にしゃべってくるのでしばらく相づちもせず黙っていたらさすがに電話が通じていないのかと思ったらしく「もしもし、もしもし」・・・、ようやくこちらから話ができるようになった。
そもそも「胎盤剥離」ってなんですか?と意地悪な質問をぶつけてみた。よくわからないけど~と答えに窮し緑の液体が出てきていると話が変わっていきました。「犬の分娩時には緑の液体が出てきますよ」と答えると、次は「分娩の間隔が長すぎると」・・・。色々わからないことが多いようでしたが、とりあえず質問にすべて答えると、最後には手持ちのお金がないというのです。

かかりつけの病院があるのかどうかもはっきり答えられませんでしたが、あまりにも「無知な方」だなという印象でした。だから不幸な結果となったのだと思います。
安易な気持ちで繁殖するのは止めましょう!
[PR]
by pathovets | 2015-06-12 21:31 | ペット | Comments(0)