パソベッツこじま 大動物診療部 in 川南町

pathovets.exblog.jp
ブログトップ

鳥インフルエンザ発生後、これでよいのか?

残念ながら宮崎県、私の住む川南町で鳥インフルエンザが発生しました。今年は、北海道・東北での発生が多く例年とは若干発生地が変化していました。しかし、養鶏業の方々は気を緩めることはなく防疫活動をしっかりされていました。たまたま今回の農場に出てしまったと言うしかなく仕方がないことです。日ごろの防疫演習等の成果もあり非常に短時間でスムーズに診断から埋却処分まで行えたように感じています。移動制限や搬出制限の養鶏場は経済的損出や次の発生の心配があると思いますが、しっかりモニタリングされているので冷静な経過観察が必要と思われます。
養鶏業者の必死の防疫が行われている最中ですが、本日の地元紙にはでかでかと「過剰な(イベントの)自粛ムードに警戒」と書かれており、口蹄疫の時の様々なイベント等の自粛が過剰すぎ商店街や町の活気を失わせたように書かれていました(私はそう理解しました)。商工会や商店街の方々の意見としてしっかり消毒等の防疫をしてイベントを行うことが町の経済衰退を抑制できるとしています。川南町では毎月月末に「軽トラ市」が開催され町の一大イベントになっていますが、口蹄疫の際は商工会に対して軽トラ市の中止要請しましたが聞き入れていただけず結局、町議や県議さらには県を通してようやく中止ということになりました。
今回も軽トラ市を中止することは「不要なマイナスイメージを植え付ける」との理由で行われるそうです。先にも書きましたが、養鶏業者の方々は防疫に必死になっています。1ヵ月周辺の農場で何も異常がなければ移動制限等は解除されます。なぜ、たった1度の軽トラ市が中止できないのか??? 年に1度というイベントでもなく毎月行われているのに。中止するとどんなマイナスイメージが植えつけられるのでしょうか??? 畜産の町を謳う川南町ですがこんな対応で良いのか、甚だ疑問に思う。過剰な自粛とは思わないが・・・
結果論で「ほら、新たに感染はなかったじゃないか!」という考えで良いのかな~

[PR]
# by pathovets | 2016-12-22 13:59 | トピック | Comments(0)

飛行機がよく遅れる・・・ホテルが空いていない

1年間で結構な回数飛行機やホテルを利用しセミナーや学会に参加する。飛行機はANAの利用がほとんどだが、ここ1年ほどかなりの割合で定時運航ができていないように思う。乗継便があるときやセミナーや学会の開始時間に間に合わないことも出てきた。たまたま私が乗る便だけなのか?どの便も同じように遅れているのかわからないが、最近は遅れることも含めて1つ前の便に乗らなくてはいけないのかな???と考えてしまう。
また、ここ数年とにかくホテルが予約できなくなっている。1-2週間前では非常に難しく、空いているのは1泊で数万円の部屋ばかりだ。数か月前から予約しなくてはならない。こうなると簡単にセミナーや学会にも参加できない。飛行機の遅れ、ホテル予約の困難さ・・・急な出張が必要になるビジネスマンの方々はどうしているのだろう?ちなみに、先週末も博多でセミナーがあり参加したが、前泊しようとホテルを探したが、カプセルホテルも含め1件も空いているホテルを探すことができず、結局朝3時半に起床し高速バスと新幹線を乗り継いで往復日帰りで夜中に帰宅した。1件だけ1泊素泊まりで3万円というところがあったが、さすがに泊まれません!!!地方の人間はますます勉強のできない環境に追い込まれるのか?
[PR]
# by pathovets | 2016-11-28 22:26 | 何でもコメント | Comments(0)

そば打ち

今日は午前中地域で育てたそばを使って地域の方と子供会が一緒になって「そば打ち」が行われました。子供も大人も一生懸命そばをこねました。水を入れ過ぎてやわらかくなったり、水が少なすぎて硬かったり・・・。最後は職人並みにとはいきませんが、四苦八苦しながら切っていきました。ゆであがったそばを見ると普通の細さのものもあれば、4-5本食べれば腹いっぱいになりそうな親指ほどの太さのものが入り混じっていました。手作り感であふれていました。地域の交流が薄れる昨今ですが、このような世代を超えた交流がずっと続けられるといいですね!
[PR]
# by pathovets | 2016-11-23 12:47 | 何でもコメント | Comments(0)

ステロイドの功罪

だいぶご無沙汰していました。先週から今週にかけて「あれ?これはまずいんじゃないの・・・」という薬の処方がありました。すべて皮膚病で転院されてきた方でした。非常に経過の長いものや里親探しで譲り受けた際に処方された薬剤に「ステロイド」がありました。どのケースもこれまでに皮膚の検査が行われておらず抗生剤などと一緒に処方されていました。いずれの症例も細菌感染症や寄生虫感染でした。飼い主さんが治らないと感じるのも無理ありません。ステロイドに関しては人それぞれ考えが異なり「全く拒絶:悪者的あついかい」、「何も考えず良く効くから処方」「原因によって使い分け」があると思います。私は、個人的にステロイドがいけないという考えは持っていません。使うべき時はしっかり使ってすぐやめるという考えで、実際にそのように使っています。ただ、薬を扱える立場にある我々はしっかりした使用根拠をもって処方すべきです。そして、飼い主さんは処方された薬が何の薬なのか、何のために処方されているのか良く聞いて理解して使うことも重要です。そして、まったく病状が改善しない場合は原因と薬剤・治療方法が合っていないと考えるのが妥当だと思います。あまり治療効果が見えにくい場合は、今後の治療方針等も含めかかりつけ医に良く説明を求めることも重要ではないでしょうか?中には数年間同じような薬を飲み続け一向に治らないからと転院して来られる方もおられます。

[PR]
# by pathovets | 2016-10-19 21:19 | ペット | Comments(0)

マイクロソフトの陰謀

昨日、病院用のパソコンが勝手にwindows10にアップグレードされ始めました。もう1台のパソコンで調べたら途中で止めさせることができるとあったためそれを試しました。びっくりしたことに、マウスも矢印バーも反応せず結局「承諾」ボタンを押すしかなくなり10にアップグレードが完了してしまいました。このパソコンで使用している顧客管理ソフトは10では使えないため診療がストップしてしまいました。マイクロソフトに電話しましたがお決まりの「回線がこみあって・・・」のアナウンス。しまいには強制的に電話が切れる始末です。全く関係ない部署に電話するとすんなりつながり事情を説明し数時間後に技術部から電話があり7に戻してもらいました。なんとか使えるようになったと思ったら「言語のタスクバー」がなくなっておりこれを戻すのに数時間・・・。時限爆弾のように勝手にアップグレードし使えなくし業務妨害が許されるのか???
何度も電話してもつながらないし、何度も電話すると強制的に切られたり・・・。約1月前にはやはり同じことがありこの時はパソコンのハードまでおかしくなり結局、専門業者にハードの中身を取り出してもらうことになってしまいました。何十万も損害が出ているのによく訴訟問題が起きないな~と思って傍観していいるところです。
皆さん気を付けましょう!
[PR]
# by pathovets | 2016-06-14 10:12 | トピック | Comments(0)