人気ブログランキング | 話題のタグを見る

パソベッツこじま 大動物診療部 in 川南町

pathovets.exblog.jp
ブログトップ

エキゾチックアニマルの診療

ここ数年当院でも魚、鳥類、ウサギやネズミ類などのいわゆるエキゾチックアニマルの診療が増えてきました。エキゾチックの社会的なブームというか人気で宮崎のような田舎でも都市部より遅れること数年、多くなってきました。それに伴っての来院が多くなったのと、他の病院であまり診ていないということもあると思います。飼い主さんが調べて来院される場合もあるし他の先生から紹介されて来院されることもあります。私の住むところは宮崎県の中でも随分田舎なので小さい時から弱った野生動物を保護して養ったり、小鳥を捕まえて養ったり(今考えると野生動物を捕まえて飼育することは違法ですが・・・)、大学卒業後は製薬会社の研究員としていろいろな動物を扱いました。これらが今の診療に大いに役立っているような気がします。ただ、動物を飼う人は十分に勉強して飼い始めてくださいね。なんとなく「かわいい」「面白そう」「珍しい」のような興味本位で飼育するのは止めましょう!また、身近にその動物を診療できる獣医さんがいることも大切です。時折、県外から診療を求めてやって来られる方がおられます。病気の動物を長時間、長距離運ぶことはそれだけで病態を悪化させる可能性もありますので。
# by pathovets | 2021-02-25 11:53 | 動物病院について

魚の勉強してきました!

日常診療において観賞魚の診察をすることがあります。
今回は主に養殖魚に関する勉強をしてきました。養殖魚についても獣医の対象領域ですがなかなか人材がそろわない状況で今日まで。
今回、養殖魚に関する勉強する機会があり参加しました。8-9月の間に膨大な量の座学を診療後の夜に毎晩受講し受講期限が迫る中一向に進まず、日曜日の診療を臨時休業して終日”お勉強”をしてようやく期限内に受講終了しました。
先週、近大マグロで有名な近畿大学の水産研究所において実習を主体とした研修を受けてきました。
少数精鋭、実習内容ごとに一人1匹新鮮な各種養殖魚を提供していただき「解剖学」から実験感染した病魚の解剖、検査等々・・・。朝から晩まで充実した毎日を過ごすことができました。研究所の先生方とスタッフとして研究室所属の皆さんには親切にお世話いただきました。大変勉強になりました!
チャンスがあればいつでも水産、養殖の現場に関与していきたいと思います。

# by pathovets | 2020-11-18 15:46 | トピック

行政はもう少し考えた方がいいのでは?!

3月下旬に所用で北海道に3日滞在し、最終日から咳が出るようになりその翌日から咳が激しくなり発熱、頭痛、倦怠感が出てきた。数日自宅療養したが症状が悪化し呼吸が苦しくなったため病院へ行く事にした。ただ、こんな時期なのであらかじめ病院に電話して症状を話したところ「コロナの可能性も否定できないので対応できない」ということで町内のいくつかに連絡しましたがどこも同じ対応でした。医療機関としても仕方のない対応カナ?!と思いました。
そこで保健所に連絡したところ驚く対応でした!「自分で調べて診てくれることろを探してください!」「保健所から病院を紹介することはありません」でした。体調の悪くもうろうとしながら自分なりに探してすがった先の回答でした。行政としては100点の回答なのかもしれません。ただ、こんなことでは医療機関を受診できず症状を悪化させてしまう人、仕方なく症状やその背景を黙って医療機関を受診する人が出てくるのでは?
結局私はゴネまくって医療機関を紹介してもらい幸いコロナではなくインフルエンザでした。ただ、つい最近も近所の高齢の方が同じように中々病院を受診できなかったことがありました。
各自が人にうつさないように気を使って医療機関を受診しようとしていることに対して行政はどう考えているのか???
自分勝手に行動してもいいということなのか?医療崩壊になる前に「自宅難民」が増え、自宅で死亡ということも出てくるのでは?
マスク2枚とか、自分で病院を探せとかいい加減にしろ!

# by pathovets | 2020-04-05 11:09 | トピック

マスクが全く手に入りませんね。

マスクが店頭から消えてだいぶたちますが、増産体制にもかかわらず再販売のめどが立っていないようです。
増産分を政府が買い上げて医療機関等に優先的に配布するのは良いと思いますが、多少は一般にも流通させて欲しいものです。
ただ、スーパー等にいくとほとんどの方がマスクを着用しています。みんな初期対応でちゃんと購入していたのでしょうね!すごい。
病院で使用していたサージカルマスクもついになくなってしまいました。昔の布製の滅菌して使うマスクで手術は対応しています。最近は手袋も数量が制限しており長期化の影響が色々なところに出てきてます。

# by pathovets | 2020-03-14 13:21 | トピック

イヌやネコのコロナウイルス感染症

新型コロナウイルスの広がりで当院にはペットに関しての問い合わせも多くなりました。
ほとんどの問い合わせ内容は「犬や猫にも新型コロナウイルスはかかりますか?犬や猫から人が感染することがありますか?」というもの。
現在、WHOからの報告では今流行している”新型”コロナウイルスが動物に感染したという証拠は見つかっていないとあります。
もともと、「イヌコロナウイルス感染症」「猫コロナウイルス感染症」という疾患がありました。犬では下痢や嘔吐、猫では腸炎や伝染性腹膜炎というような病態を呈します。こちらはワクチンもありますので、現在摂取している混合ワクチンに含まれているのか確認してみるか、かかりつけ獣医さんに伺ってみると良いかもしれません。


# by pathovets | 2020-02-29 10:33 | ペット