パソベッツこじま 大動物診療部 in 川南町

pathovets.exblog.jp
ブログトップ

現場の獣医師の苦悩

私の夫は地元の臨床獣医師です。
通常の診療の中でも、廃用を促したり、場合によっては安楽殺の処置を行うこともあります。
しかし、今回の「殺処分」は全く違うものだ、という雰囲気がひしひしと伝わってきます。

医療行為としての処置自体には慣れており、あえて「作業」という言葉を使うなら作業効率も高いと思います。

しかしそんな夫でさえ、身体の疲労は極限まで達しているのに、夜中に何度も目が覚めるというような精神の不調をきたしているように思います。
それでもやめるわけにはいきません。
国のため、という大義名分はないと思います。
ただただ、お世話になっている生産者の皆さんに対する責任感と、これからも共に歩むのだという特別な思いだけだと思います。

現在応援に来てくださっている獣医師の方々は、産業動物の臨床獣医師ではない方がほとんどです。
一定期間従事された後、後継の方とバトンタッチされているのがせめてもの救いです。
発生当初から手を休めるわけにはいかない立場にある宮崎県の関係各課や、市町村の職員の方々が心配です。バトンタッチできる方がいません。

「殺処分が進まないから感染が広がる」「とにかく急がないと」
そうかもしれません。
ただ、今の形でそれを求めるのは酷ではないかと思います。
正直に申し上げると、応援の方だけで背負いきれる作業ではありません。
かといって、地元の獣医師の負担が重くなると、必ず誰かが倒れます。
殺処分のチームに地元の獣医師が何人入っているか、報道関係の方でも調べてみてください。

大臣でも副大臣でもいい。
同じ防護服を着て、同じバスに乗って、どうぞ一度現場の様子を自身の目でお確かめになってください。
他にも方法が考えられないでしょうか?


現在、宮崎県にも批判の矛先が向けられています。
そして、それに対する批判の声も数多く上げられているようです。

これは冷静に考えなければならない問題です。
一律に宮崎県は被害者だからいじめてはいけない、という考えは誤りだと思います。

私達は、取材を申し込まれた方々には、どこに問題があったと思うかはっきりとお答えするようにしています。

しかし、今の状況で責任問題について話し合うのは難しいと思います。
宮崎県も、発生地域の市町村も、みな疲弊と焦燥感で、責任の所在を冷静に検証できる状態ではありません。

事態が落ち着きを取り戻したら、国も県も市町村も、もちろん私たち獣医師も、そして生産者も一般市民も、みな自分たちの通ってきた道を見直さなければなりません。
今は収束・終息が先です。

(クミコ記)
[PR]
by pathovets | 2010-05-29 23:50 | 口蹄疫 | Comments(13)
Commented by たけのこまる at 2010-05-30 06:35 x
ただただ事態の終息することを願います。
ご自身もまわりの方々も辛い中 このブログを立ち上げ、知らせていただけた事に感謝いたします。
ご自愛ください
Commented by まなりん at 2010-05-30 08:06 x
ブログをたちあげていただきありがとうございます。
多くの情報が交差するなか真実に目をむけ誠実に対処する事の意義を感じさせられました。
また他の方の記事で”地獄絵図”という表現を目にし、ただニュースとして受け止めていただけの自分に気がつきました。
どういった形で支援できるのか模索していこうと思います。

文章にするには大変なエネルギーが必要だと思いますが、こうやて発信していくことは非常に重要な意味をもつと思います。
応援しています。ファイト!
Commented by ココクマ at 2010-05-30 09:10 x
現場で起こっている情報を
発信していただきありがとうございます。
現場の声をまったく知らないのと少しでも知っているのとでは
今後の自分の考えや行動がまったく違ってくるように思います。
日頃、食事で牛、豚達に命をいたでいている身としては…
Commented by hanaruu at 2010-05-30 12:15 x
はじめまして。
ツイッターからきました。

敵は人ではなく、ウイルスである。
知事の言葉が刺さります。
今は、とにかくこのウイルスの蔓延を
終息させること・・・
そうですよね・・・・。

現場の方々がブログを書いてくださるおかげで
限られた範囲ではありますが
思いを共有することができます。
それは、本当に辛くて、本当に痛い思いでした。

今回頂いた、この思いを
けっして無駄にしたくない、と思います。
現場の方々がこれからもなお、通るであろう
道の困難さを思うと、体が凍る思いです。
だけど、ずっとずっと見ていますから!!


Commented by kare3sui at 2010-05-30 12:36 x
Twitterからこのブログを知りました。
現場の苦労、つらさを思うと、かける言葉もなかなか見つかりません。
「頑張ってください」もうまく伝えられるかどうか‥
ただ胸を痛め涙を流し僅かばかりの義捐金を送り、祈るだけです。
一日も早く収束、終息しますように(祈)
Commented by Hiyashiru_Suki at 2010-05-30 13:18 x
現場で頑張っている方々の疲労と心痛を想うと涙が出てきます。今はただ一日も早い収束を祈るのみです。
Commented by 平田亜樹  at 2010-05-30 13:58 x
twitterからまいりました。
現場からの情報を感謝いたします。

先日、獣医師さんの自殺未遂の記事を目にしてたいへん心配しています。

今この記事を拝見して、不眠不休の状況におかされると限界が生じてくることは明らかです。

今はおっしゃるように終息を願うことです。同感です。あとで、原因究明を冷静に、かつ客観的に論理的にしていけばよいと考えます。

農家の方々の生活が成り立つ方法を全国民で自分のこととして考えるきっかけになると思います。

普段、牛や豚、鶏に命をいただいていることを感謝しつつ。

とにかく後のものを忘れ、身体をまえにのばしていくしかありません。
Commented by さすらいの公儀介錯人 at 2010-05-30 15:13 x
どうもです、mixiではお世話になります
獣医師も不眠不休だと言う事は、ちょっと考えればすぐに分かることです
ですので、オイラはこのブログをとにかく広げるよう、全力を尽くします
まずはご挨拶に変えてのカキコとさせて頂きます
Commented by kumi♪ at 2010-05-30 16:21 x
mixiでマイミクさんの日記からこちらのブログの事を知り伺いました。
毎日、大変かと思いますがくれぐれも関係者の皆様のお体とお心を大切にして下さい。
微力ではございますが、自分のブログとmixiにもこちらのリンクを貼らせていただこうと思いますm(_ _)m
Commented at 2010-05-30 16:31 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by pathovets at 2010-05-30 20:45
院長です。皆さん、多くのコメントありがとうございます。私はこの場を通じて実際の現場で起こっていることをありのままにお知らせしようと思っています。決してきれいごとだけでは表現できないこともあります。皆さんも、単なる読み物ではなく議論の場としてもご活用ください。
Commented by ほたやっこ at 2010-05-31 00:04 x
本当にいつ終わるのでしょうか・・・。
沢山の情報の中から、こうやって貴重な現場の声を聞かせていただけて、本当にありがたい事です。
こんな 大事な出来事は、噂や想像で 物事が広まってはいけませんよね。 リアルな現場の様子を知るのは かなり辛いですが 真実を伝えていくのには 大切な事です。 健康に留意され 頑張ってください!
これから 暑くなってきますから 水分補給も大事です。
Commented at 2010-05-31 00:35 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。