パソベッツこじま 大動物診療部 in 川南町

pathovets.exblog.jp
ブログトップ

折れてました!

 6月初めから注射の打ちすぎで指が痛くなりました。その後、注射器の持ち方や打ち方を変えて負担がかからないようにやってきました。その頃は、1日休みをもらえば痛みもなくなり、ほとんどが作業中だけの痛みでした。6月中旬頃からは何もしていない時も痛みが出てきました。6月下旬はほとんど休みなく作業に従事していたこともあり痛みが強くなり、握力も低下してきました。ようやく殺処分が終了し、

気の緩みなのか?

手のひらが「うずいてくる!、鈍痛!、痛みで夜目が覚める!」などなど・・・。
 

 腱鞘炎になったことがないため、「腱鞘炎はこんなに痛いんだな」と思ってシップを張ったり、マッサージをしながら過ごしてきましたが、あまりに痛いため今日病院へ行きました。

 レントゲンを撮ったら

                   疲労骨折していました!!!!

痛いはずだ! 折れているのにマッサージはいけませんでした!
[PR]
by pathovets | 2010-07-05 20:34 | 口蹄疫 | Comments(25)
Commented by at 2010-07-05 20:38 x
お見舞い申し上げます。

でも、ちょっと、笑えてしまいました(ごめんなさい、です)。

どうぞお大事になさってくださいませ。

それにしても、接種で骨折なんて、壮絶、ですね...。

Commented by THE WAGYU at 2010-07-05 20:40 x
> 疲労骨折
あらら、大変なことだ。
完全に治るまで、大事にしてください。
先ずは、お見舞い申しあげます。
 また、宮崎で出たみたいですね
なんとか、治まって、ほしいですね
Commented by hanaruu at 2010-07-05 20:54 x
先生こんばんわ。

指の傷。
心の傷。
ゆっくり直してください。

そして、また川南の方々の力になってください。

お願いします。
Commented by けろよん at 2010-07-05 22:00 x
えええ~!!!ほんとですか!

痛いはずです・・・;
どうかお大事にしてください・・・・
Commented by やっと入力できた at 2010-07-05 22:05 x
おつかれさまです。

医者が医者にかかったのですね。
壮絶な現場の疲労。
心もカラダも限界だったのです。

本日、発生疑いの報道がされました。
全国レベルでは他の話題にかき消されるくらいのひっそりさで…。
この病気は自然の摂理を無視した勝手気ままな人間に対して大自然が何かを訴えているように思います。
こんな状況なのに、非常事態宣言の一部解除はいまの時点では変更なしとのこと。
まずいですね。
宣言中でもゆるゆる(場所などによる)だったので、もう終わった気になっている人多いです。

抑えるべきところで適正タイミングを外すから大火事になったのに、
またくり返すのではないかと危惧します。

畜産関係者である私も大変ですが、
実際の殺処分に関わった方と殺処分の対象になった農家の方は
これからが厳しい時期になると思います。

報道が落ち着き、人々の関心が去ってから不具合、疲れなどが噴出する可能性。
総合的な相談窓口などの設置があるといいですね。

Commented by 高鍋町民 at 2010-07-05 22:35 x
これまでブログをあげてくださっていたたくさんの現場の方達が、口をとざすようにお休みされて心配しています。長い過酷な仕事、本当にご苦労様でした。疲労骨折とは…本当に想像を絶します。1日も早く完治しますように…。ご自愛くださいね。
Commented by 牛さん大好き at 2010-07-05 22:37 x
小嶋先生、初めまして。
先月の某新聞の朝刊で川南町の先生の事が紹介されていました。
ずっとボランティアで辛い作業に参加されて手が痺れて箸も持てないくらいだと載っていたので心配していました。
ずっと過酷な作業をされていたので(牛さん 豚さん達がじっとしていられる訳ないですよね。)ひどい腱鞘炎かもしれない・・・と私は思っていました。
汗だくになる様なあの防護服、本来の仕事とかけ離れた作業は本当に辛くて心身共に極限状態でいらしたと思います。
「もう明日から牛を殺さなくてもよくなります。」この言葉がものすごく私の心に響きました。
現場をご存じの方の重い重い言葉です・・・。
手が疼いて大変ですね。心からお見舞い申し上げます。
地元畜産業界の為に頑張ってこられたお二人に敬意を表します。
Commented by 嶺泉 at 2010-07-05 22:53 x
骨折Σ(´д`ノ)ノ だったのですか・・・最前線で守ってくださった獣医師の先生方 心身ともに大変なことでした。ありがとうございました。どなたか、弁護士の先生は、このブログをご覧になっていらっしゃらないですか?私個人的には、義援金から、獣医師の先生方への手当もぜひ出していただきたいと思いますが・・・難しいのでしょうか(〃*`Д´)
小島先生!早く事態が終息して、当社の営業マンが また先生のお顔を拝見できる日が来ることを楽しみに待っております。
Commented by 無念 at 2010-07-05 23:28 x
完全に労災ですね。
どうぞお大事になさって下さい。

今日また発生し、“終息”がなかなか見えてこないですね。(ため息)
Commented by ほにゃらら at 2010-07-05 23:37 x
疲労骨折!!?
「金属疲労」というのは聞いた事がありますが、初めて聞きました。
本当にご苦労様でした。
「疲労骨折」というからには時間薬なのでしょうか・・お大事になさってください。
Commented at 2010-07-06 02:18 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by お見舞い at 2010-07-06 03:03 x
注射で疲労骨折(T_T)よほど痛かったでしょうが 最後までやり遂げられてお疲れ様でした! 動物達も生きていたいから 精一杯抵抗したのでしょうね 本当に辛くなります
もうこんな災害は御免こうむります。。。
Commented by まね at 2010-07-06 08:09 x
労災ですよ!
本当にお疲れ様です。
なにもできないのですが、ご自愛ください
Commented by THE WAGYU at 2010-07-06 09:12 x
 私は、ネット上でこのBLOGを知り、過酷な「作業」の中でも、獣医師として、確固とした倫理感を失わず、、「命あるもの」に対峙されている「パンベッツ」様の人間性に触れ、感動し、愛読、投稿をさせていただいて来ました。
 そんなことにならなけれはよいがと願っていましたが、「疲労骨折」との報に接し、再び、言葉を失いました。 私に出来ることは、何か、再び、考えました。
 既に、参議院選挙などで、国民の関心は、宮崎から離れ、風化し始めました。
「パンベッツ」様の御苦労に報い、それを生かすためにも、「パンベッツ」さんが提起された 「なぜここまで感染が拡大し、感染が収まらないのか、なぜこれほどの事態になってしまったのか」・・・  を解明し、伝え続けること だと
 1日も早い、回復を願っています。
Commented by THE WAGYU at 2010-07-06 09:51 x
高鍋町民さま
> これまでブログをあげてくださっていたたくさんの現場の方達が、
> 口をとざすようにお休みされて心配しています。
 私は、このBLOGの開設者である「パンベッツ」さんに対しても、ぼちぼち、関係機関などから、陰に陽に、「パッシング」が開始されるであろうことを心配しています。
 愛読されてきた、みんなで、支援しつづけることが必要を考えています。
Commented by THE WAGYU at 2010-07-06 10:12 x
ps.
「防疫」の失敗が「蔓延」につながったのは事実で
失敗を自覚している者にとっは、たとえ、真実を伝えていても、それに異をとなえる者であっても、総べて、「いらないことをする人間」にしか過ぎないのですから ・・・
Commented by 隣県の住民 at 2010-07-06 10:38 x
疲労骨折するほど過酷な現場だったんですね
本当にお疲れ様です
しかし先生には公的補償はされないのですか
ボランティアだから?
せめて県もボランティア保険掛けてくれていたら良かったのに
Commented by THE WAGYU at 2010-07-06 10:49 x
宮崎県の弁護士会さんが、確か500万円を拠出して、ボランティア保険なども含め検討されているという情報がありましたが、最終的にどうなったのか確認出来ていません。
Commented by THE WAGYU at 2010-07-06 11:00 x
宮崎県弁護士会
http://www.miyaben.jp/
支援基金規則
http://www.miyaben.jp/documents/content_001.pdf
によれば、無理のようです。
Commented by あう at 2010-07-06 11:13 x
なんぼなんでも、
感謝こそされ、パッシングはない!と思います。
有り得るか?の金属疲労という治る怪我でよかったと思います。

山岳救助隊でさえ、指揮官は、隊員の命を考えますから、
命がけを、人に強要したらいけないと思います。
この強行日程は、県民で阻止してほしかったとも思います。
Commented by THE WAGYU at 2010-07-06 14:20 x
知事BLOG http://ameblo.jp/higashi-blog/page-2.html#main 
「第一花国:2010-07-03」に「安平と並び、東の横綱、殺処分で失った種雄牛、第一花国の子供もいた。」「本県畜産界に、また一筋の光明が射した感じである。」・・・ との趣旨の記述がある。喜んで、受け入れされるようだ。
 また、「県外調査:2010-07-02」によれば、「北海道口蹄疫専門家との意見交換」が予定されているようだ。「新たな発生:2010-07-05」で予定変更止むなきかもしれないが、
第三者である「防疫関係者」の意見を聞かれて、「宮崎県の防疫どうだったのか」を確認されることは、「良いことだ」と思う。
Commented by misasan at 2010-07-06 15:48 x
疲労骨折ダイジョウブですか?
皆さん過労や疲労を思うと、とても心配しています。

とにかく今は、お大事にしてくださいね(>_<)!
Commented by mi at 2010-07-06 17:35 x
先生お大事に。
骨折に気がつかないほどに、張りつめた日々を過ごされていたのですね。本当に大変な作業、お疲れさまでした。
治るころには、先生の気持ちも少しは癒されていますように。
Commented by れい at 2010-07-06 18:09 x
手の具合はいかがでしょうか?
疲労骨折とのこと・・・・・・
毎日の作業が、かなりの負担になっていらっしゃったのでしょうね。
”自分の痛みになどかまっていられない”という、お気持ちもあって無理されたんだと思います。
今はゆっくりされて、しっかり治されてください。
心身共に、お元気になってくださいますよう・・・・・お祈りしております。
Commented by THE WAGYU at 2010-07-17 21:23 x
その後、指の具合は、いかがでしょうか
順調に回復に向かっていればよいのですが