パソベッツこじま 大動物診療部 in 川南町

pathovets.exblog.jp
ブログトップ

親睦会

先週の土曜日に高鍋町にあるイタリアンの「俵」で親睦会がありました。
これは作家の「飯田辰彦」さんが口蹄疫の後、畜産関係者を中心に綿密な取材をされ

「鉱脈社」から「口蹄疫を語り継ぐ」という本を出版されました。

この本の取材で私もお世話になり、校正段階から出版されたら関係者みんなで顔を合わせることができたらいいねという声で今回の親睦会となりました。

同じ町内で初対面の方、隣町で名前は知っていたけど・・・、宮崎牛の語り部ともいうべき方・・・約30名が集まりました。口蹄疫時のそれぞれの立場で何を考え、どう行動したのか、お酒も入りそれぞれが当時を回想し今後の展望を熱く語りました。

この日は、牛と豚の生産者から手塩に育てた牛肉と豚肉、発酵微生物の会社の社長から自社の製品を与えた鶏肉がそれぞれ提供され「おいしいイタリア料理」になり参加者の胃袋を満足させました。

楽しい時間もあっという間に4-5時間過ぎ、是非この会を継続したいね!ということでお開きとなりました。
現在の児湯地区の畜産再開率は非常に低く、これ以上の再開もあまり望めない状況です。しかし、この会に参加されていた生産者の皆さんには希望が満ち溢れていました。

上記の本に興味のある方は是非手に取ってみてください。
タイトル:口蹄疫を語り継ぐ
著者:飯田辰彦
出版社:鉱脈社
定価:1500円
[PR]
by pathovets | 2012-02-08 19:01 | 口蹄疫 | Comments(1)
Commented by 世界プルルン滞在記 at 2012-02-14 12:41 x
キタキタキタ!!!!遂にこのサイトが始動しました!