パソベッツこじま 大動物診療部 in 川南町

pathovets.exblog.jp
ブログトップ

太り過ぎはまったく良いことがありません!

うちの病院に来院される患者(往診も含め)さんは小鳥、ハリネズミなどのエキゾチックから牛、馬など多種多様ですが人間様の為に食料となる一部の動物を除けば、太り過ぎは絶対に良くありません!
犬の患者さんが多いので圧倒的に犬のおでぶちゃんに遭遇することが多いのですが、関節炎、ヘルニア、循環器、呼吸器などいろいろなところへ障害が及びます。
飼い主さんが真剣に取り組まないと絶対に痩せることはできません。「そばに寄ってきておねだりされるとついあげてしまうんです!」というのがほとんどです。
太り過ぎて関節炎やヘルニアになってしまうとなかなか運動することができなくなります。そのうえ通常と同じ量の餌を与えるためビックリするほど短期間で太ります。
首の周りの脂肪で気道が圧迫されて呼吸ができないほどになっていることもあります。体重管理は指導はできても、実際に飼い主さんがどの程度本気で取り組むのかに結果が左右されます。
大切なペットのことを本気で考えましょう。

[PR]
by pathovets | 2018-04-01 21:36 | 何でもコメント | Comments(0)