パソベッツこじま 大動物診療部 in 川南町

pathovets.exblog.jp
ブログトップ

久々にノミにやられた!

うちに来院される猫のほとんどが屋外で放し飼いの飼育です。「エサだけ」と言う方もかなり多いです。ですから、病気になっても警戒したり、狂暴で捕まえて病院に連れてくることができない場合も多くあります。なんとか連れてくることができた猫で一番厄介なのは「ノミ」が大量に寄生していることです。ひどいときには病院の床に多量のにノミがピョンピョン跳ねていることがあります。本当にびっくりします!
都会ではありえない光景かな?と思いますがうちではよくあります。診察を終えて1時間もすると下半身のどこかが痒くなり、当然ですが毎日風呂に入り、着替えても体のどこかに潜んで数日間何箇所もノミに咬まれ続けます。そのうち何とか捕獲できたり、どこかに落ちたりで収まっていきます。
わたしは毛深いのでおそらくすね毛、陰毛あたりに潜んでいるのだと思います。咬まれ続けている間は、全身の毛を剃りたくなります!!!
実は4-5日前に診察後に痒くなりました。また、数日続くな!と覚悟しましたが、今回のはしつこく初めて上半身にまで侵入してきました。昨日までは咬まれて、今日はまだ咬まれていませんが、今日入院した犬に大量に寄生しており、あ~~~このノミも来るのかな???
不思議なことに飼い主さんは意外と気づいていなかったり、寄生していてもあまり気にしていないことにまたびっくりです。

[PR]
by pathovets | 2018-05-24 22:10 | ペット | Comments(0)