人気ブログランキング |

パソベッツこじま 大動物診療部 in 川南町

pathovets.exblog.jp
ブログトップ

豚コレラの殺処分の現場

豚コレラの発生が一気に拡散し処分も大がかりとなり自衛隊への要請も行われているようです。自衛隊員のメンタルケアが必要とのニュースも見かけました。
口蹄疫での殺処分を経験した者として処分に関わるすべての人に対してメンタルケアが重要です!口蹄疫の殺処分の時に休憩時間中に自衛隊の方と話をする機会がありました。その時に自衛隊ではアメリカが湾岸戦争を行った際にPTSDを発症する隊員が多くそれを教訓にある一定期間(5日だったか?)従事したら休養あるいは別の任務を行うようになっていると聞きました。獣医師は日常的に動物の生死の中で業務を行っておりますが、連日何十頭、何百頭の動物を殺すような日常はありえません。やはり獣医も自衛隊員も業務中は無になって感情を押し殺し毎日の業務を遂行しているはずです。色々な対策準備ができる今の単発で発生している時期にメンタルケアについてもしっかり協議して頂きたいものです。これが、爆発的に発生し始めると殺処分優先でメンタルケアどころではなくなりますので。
私は、口蹄疫処分以降「耳鳴り」「片耳はある音域での難聴」となりました。だれも責任を負ってくれる人はいませんし、治るものでもないので色々な障害が出ないような予防策をしっかりしてもらいたいと思います。

by pathovets | 2019-02-09 11:38 | トピック | Comments(0)