人気ブログランキング |

パソベッツこじま 大動物診療部 in 川南町

pathovets.exblog.jp
ブログトップ

行政の住民サービスのバランス

先日、ある方の選挙出馬の決起集会に参加した。多数の方がおられ、町長の挨拶が行われた。途中からなぜか?自分のこれまでの実績の話となり近隣町が良くメディアに取り上げられていることに対し民放テレビはお金を払えばいくらでも取り上げてくれる、今まで自分はそうしてこなかったがこれからは・・・という話があった。私の周りでは「決起集会でする話か?」「次の町長選挙にだいぶあっせているのかな?」という声が聞こえてきた。たしかにあまりふさわしい挨拶とは思えなかったが、私としてはお金を払ってテレビで我が町をアピールするのはいいが、そんな金があったらもう少ししっかりした住民サービスをしてくれ!と思う。というのも私の住む地区には世間で当たり前になった「ひかり」が来ていない。ケーブル自体が設置されていないのだ。だいぶ前からNTTや町に要請しているが埋設工事の予定はないとのことだ。町内6100余りの世帯のうち344世帯が光が使えない状態らしい。5%だ。大きいとみるか、小さいとみるかは人それぞれだと思う。私事でいえば、光が来ていないことでせっかく大学が行ってくれている卒後教育を受けることができない。他にも大きい容量のデータのやり取りもできない。わが町は町長いわく、過去2年間移住者数がNo.1らしい。順調にいけば今年もNo.1になりそうだとか。どこと比較してか不明である(日本全体?宮崎県全体?さらにもっと小さいエリア?)。どうやら移住者に優しい町らしい。自分の生まれ育ったところが良いと思い帰郷して病院を開業して一生懸命働いて子供も育て納税している。さらには将来子供たちが1人でも多く地元に残ってくれるような下地作りも現在地域一丸となって取り組んでいる。「ひかり」の工事費用は莫大な金額であることは承知しているのでごく1部のために大切な税金を使ってまでもと思っている。だからこそ、今住んでいる町民に対しもう少し充実したサービスを提供していただけないものか?!
現状について、なんとも残念でならない。
by pathovets | 2019-02-27 19:06 | 何でもコメント | Comments(0)