人気ブログランキング |

パソベッツこじま 大動物診療部 in 川南町

pathovets.exblog.jp
ブログトップ

真夏の有害駆除は過酷です

昨年、狩猟免許と猟銃所持免許を取得し昨年の猟期からハンターデビューしました。
銃を取り扱うことや動物の命をいただくことに常に緊張感を持っております。同じグループの方々全員が毎回、安全に銃を扱うように、動物の命に感謝ということをお互い言っておられます。私を除いて免許をとって何十年もたつ方々ですが、常にこれらのことを思いながらということに感心するとともに自分も同じ気持ちでいたいと考えております。
さて、この真夏の間も野生動物の農作物の被害は変わらずあります。そのため、狩猟期間外でも有害駆除として期間を決めて狩猟が認められます。この時期の猟は暑さが厳しく大変です。猟犬を持つ人は道なき道を山を歩き回り、他の人は獲物が出そうな場所で待機し獲物が出れば素早く走ったりしながら追跡し仕留めます。私のグループでは私が40台、他は60台後半から70台です。そんな高齢者集団ですが、この暑さでどんどん体力を消耗します。水分補給が追い付かないほどです。無線で水分補給を呼び掛けながらの猟です。農作物対策でやっているのですから、自治体はもう少し猟師に対してなんらかの優遇をしてほしいものです!


by pathovets | 2019-08-21 11:51 | 何でもコメント | Comments(0)