人気ブログランキング |

パソベッツこじま 大動物診療部 in 川南町

pathovets.exblog.jp
ブログトップ

2010年 06月 01日 ( 1 )

さみしいね・・・

 昨日も今日も往診でお世話になっている繁殖農家さんの所へ行きました。大変な事態にもかかわらず、2件とも農家の方が最初から最後まで立ち会って消毒などの後片付けまで手伝ってくれました。2件とも後継者が私と同じ30代です。   幸いにも再開の意思を示してくれています。
 私達処理班が農場に立ち入るときは当然ですが牛舎内にたくさん牛がおり自由に過ごしています。毎回のことですが、この数時間後には牛舎内から全てのものが消え去って建物だけとなります。

 皆さんは、殺処分しているときが一番つらいとお思いになると思いますが、処分の最中は怪我などの事故が起こらないように、牛を苦しめないように気を張って、色々なことに集中しているためにあまり感情が出ることはありません。あくまでも私の場合ですが・・・。
 私達獣医師は殺処分の担当ですからそれだけで良いのですが、他の方の担当である牛舎内の後片付けや消毒の作業も手伝っています。この時になると緊張感も解け、少しボーとする時間ができます。そんな時、空っぽになった牛舎を見ると数時間前までいたたくさんの牛たちの姿はもうありません。

               ===ガラーンとした牛舎===

この瞬間ほど悲しくて、寂しい時はありません。色々な想いが込上げて目には溢れんばかりの涙が・・・・。
昨日も処分後、牛舎を眺めていると  私の後ろから農家の方が「さみしいね・・・」とぽつり・・・。
by pathovets | 2010-06-01 21:14 | 口蹄疫 | Comments(2)