人気ブログランキング |

パソベッツこじま 大動物診療部 in 川南町

pathovets.exblog.jp
ブログトップ

2010年 06月 11日 ( 1 )

ペットのヤギまで・・・

 今日は作業を休ませていただきました。毎日の注射で右手の握力が疲労で随分落ちています。以前のブログにも書きましたが、これが腱鞘炎なのか?親指の関節を動かすと非常に痛く、物を握って力を入れたり、重いものを持つのが大変です。
 作業の方は1日休みをもらいましたが、このところ小動物の診療をずっと”クミコ先生”にお任せしていたので少しばかり「助手」として診療に出ました。本来の「動物を生かす」仕事です。
 
 隣町の方が夕方、愛犬のワクチンに来院されました。この方のところにはヤギ君たちがおり、ご主人が非常に可愛がっておられます。以前、このヤギ君の1頭の調子が悪く何度か往診して治療し、最近は経過も良く食欲も元気もあり飼い主さんも私も喜んでいたところでした。しかし、この元気になったヤギ君たちもすでに「口蹄疫ワクチン」を接種されたようです。いつ刑が執行されるともわからない死刑囚のように、毎日処分の連絡を待つ日が続くことになります。

あまりにも酷です!!!

 一般に畜産農家のことだけが取り上げられますが、ペット(家族の一員)として飼育されてる偶蹄類の動物も牛や豚と同じような運命をたどります。

 今日の飼い主さんも「覚悟を決めました、敷地内へ埋却してあげようと思っています」と言われ、目を真っ赤にしてじっと涙をこらえておられました。このような場面で私もどう対応してよいのか?最近、分からなくなってきました。
単純に

大変ですね・・・・

がんばってください・・・・

なんて月並みな言葉では言いようが無くなってきています。
怒り、落胆、無念、日本語は比較的表現方法が豊かで、多様性に富んでいる言語といわれています。
しかし、こんなに慎重に適切な単語を探すのは今までにないことです。私の語彙力のなさかもしれませんが・・・。
そして、いくら探してもいい表現が思いつかない毎日です・・・
by pathovets | 2010-06-11 21:47 | Comments(8)