人気ブログランキング |

パソベッツこじま 大動物診療部 in 川南町

pathovets.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:トピック( 75 )

行政はもう少し考えた方がいいのでは?!

3月下旬に所用で北海道に3日滞在し、最終日から咳が出るようになりその翌日から咳が激しくなり発熱、頭痛、倦怠感が出てきた。数日自宅療養したが症状が悪化し呼吸が苦しくなったため病院へ行く事にした。ただ、こんな時期なのであらかじめ病院に電話して症状を話したところ「コロナの可能性も否定できないので対応できない」ということで町内のいくつかに連絡しましたがどこも同じ対応でした。医療機関としても仕方のない対応カナ?!と思いました。
そこで保健所に連絡したところ驚く対応でした!「自分で調べて診てくれることろを探してください!」「保健所から病院を紹介することはありません」でした。体調の悪くもうろうとしながら自分なりに探してすがった先の回答でした。行政としては100点の回答なのかもしれません。ただ、こんなことでは医療機関を受診できず症状を悪化させてしまう人、仕方なく症状やその背景を黙って医療機関を受診する人が出てくるのでは?
結局私はゴネまくって医療機関を紹介してもらい幸いコロナではなくインフルエンザでした。ただ、つい最近も近所の高齢の方が同じように中々病院を受診できなかったことがありました。
各自が人にうつさないように気を使って医療機関を受診しようとしていることに対して行政はどう考えているのか???
自分勝手に行動してもいいということなのか?医療崩壊になる前に「自宅難民」が増え、自宅で死亡ということも出てくるのでは?
マスク2枚とか、自分で病院を探せとかいい加減にしろ!

by pathovets | 2020-04-05 11:09 | トピック | Comments(0)

マスクが全く手に入りませんね。

マスクが店頭から消えてだいぶたちますが、増産体制にもかかわらず再販売のめどが立っていないようです。
増産分を政府が買い上げて医療機関等に優先的に配布するのは良いと思いますが、多少は一般にも流通させて欲しいものです。
ただ、スーパー等にいくとほとんどの方がマスクを着用しています。みんな初期対応でちゃんと購入していたのでしょうね!すごい。
病院で使用していたサージカルマスクもついになくなってしまいました。昔の布製の滅菌して使うマスクで手術は対応しています。最近は手袋も数量が制限しており長期化の影響が色々なところに出てきてます。

by pathovets | 2020-03-14 13:21 | トピック | Comments(0)

マスクに続いてトイレットペーパーがない!!!

先日、マスクがないということで投稿しました。
昨日、女房が「どこでもいいからトイレットペーパーを見かけたら買ってきて!」
というので「なんで?」ときけば、トイレットペーパーが少なくなったので買いに行ったらどこにもなかったらしいのです。
どこかの”アホ”がくだらない情報に惑わされて買い占めているのだと思う。コロナ感染症とトイレットペーパー、何の関係があるのか?
先進国日本でこんなバカげたことになるなんて・・・。コンビニのトイレの予備のトイレットペーパーが入れてある棚はトイレットペーパーを盗むやつがいるため施錠してあるらしい。
日本はどこまで劣化しているのか?

by pathovets | 2020-03-01 17:02 | トピック | Comments(0)

この国の危機管理はこれで大丈夫?

ようやくイベントの自粛要請が国のトップから出された。経済活動に係ることで判断が難しいかもしれないが、外野から言わせてもらえれば遅すぎる!!!
検査体制もいまだに整わず(国としてはさせたくないのでは?)、国民は右往左往している。十分な検査も受けられないと聞くが、今のこの国のリーダーは都合の悪い事は「過小評価」し、自分の実績は「過大評価」する、実に都合よく物事を取り扱う。
今年で口蹄疫から10年ということで関連番組をよく見るが、そう言えばあの時も国の危機管理は全くなっていなかった。国会の”先生方”にはもう少し学習してほしいものだ。
税金を私物化したり、税金で不倫旅行をしたり・・・。与党の中から批判や変革の声が出ないことが、もう終わっている。
マスクの増産をしているということだが、手術時に使用するサージカルマスクも相変わらず納期未定だ。動物病院は人の医療機関より優先順位が低いにしても、製造されたマスクはどこへ納品されているのか???


by pathovets | 2020-02-27 18:27 | トピック | Comments(0)

うまいザーサイできた!!

2年前に搾菜の種を購入し、畑に蒔いたところ結構な量の収穫があった。葉っぱの部分は炒め物にしたらすごくうまかった。それより「桃屋」の瓶詰のザーサイのようなものが作りたくて色々調べましたがSNSが発達したこの時代なのに塩漬けの段階までしか情報がなく、どうやったらあの味になるのか???
「桃屋」に電話して聞いてみました。驚いたことに中国の工場でごく限られた人だけしか作り方を知らない!とのことでした。その節は、「桃屋」の担当者の方にはお世話になりました。と、言うことでとりあえず塩漬けにしました。車庫の片隅に保管?放置?し時が流れ2年。昨日、何故かその樽が目に留まり2年前に塩漬けしたことを思い出しました。恐る恐る外側から覗くとカビは生えていないようでした。そこでふたを開けてみると高菜の古漬けのような色で食べられなくはないような感じでした。水洗いして少しかじってみたところほのかに乳酸発酵しいい塩加減でめちゃくちゃうまい!
塩漬けしただけで、できちゃいました!

by pathovets | 2020-02-17 15:02 | トピック | Comments(0)

手指消毒液もなし!!!

マスクに続いて手指消毒液も売り切れのようです。
一般家庭でも使用されると思いますが、院内では手術前に毎回使用します。近年では手術前の手指消毒はゴシゴシ洗うのではなく手指消毒剤を良く刷り込むことが推奨されており、当院でも手指消毒剤を毎回用いています。幸い数本在庫があるのですぐすぐになくなることはないですが、医療機関にさえ供給できなくなっている現状は恐ろしい事態だと思います。

by pathovets | 2020-02-03 19:58 | トピック | Comments(0)

手術用マスクがない!!!!

新型コロナウイルスの患者が増える一方で大変な問題が起きている。
それは外科手術時に使用するマスクがメーカー欠品で入手できなくなっていることだ。以前は、手術時の術衣やマスクなどは布製の物で洗濯・滅菌して使用していた。
しかし、最近の医療では手術で使用する器具類も含め使い捨ての物が大半を占めるようになってきた。医療廃棄物は出してしまうが、感染症などを減らすことに有益だからだ。たまたまこの時期に在庫がなくなった当院であるが、他にも同じような医療機関があると思われる。先週、東京に出張したが驚いたのは中国人が大型の空のキャリーケース2つにいっぱいにマスクを購入していたことだ。勘弁してほしい!!!

by pathovets | 2020-02-01 13:50 | トピック | Comments(0)

豚を出荷しました

放牧豚第4号出荷!
昨日、4頭目の出荷を行いました。一番なついてかわいがっていた豚の順番でした。非常に順調に成長してくれました。夕方に屠場の担当者より、無事屠畜解体が終わったとの連絡がありました。大腸の一部に炎症があったため小腸と大腸に関しては廃棄処分となりましたが、肉とその他の内臓はいつも通りに非常に良質なようです。
今回は半身をハム、ウインナーなどの加工に回す予定です。どんな加工品ができるか楽しみです。その関係で今回は精肉販売は半身分となりスライスだけの販売にします。
今回は生姜焼き用としゃぶしゃぶ用の2種類にしました。
販売準備が整いましたらまた、アナウンスしたいと思いますので今回もよろしくお願いします!

by pathovets | 2019-06-14 10:36 | トピック | Comments(0)

初 発砲!

昨年末に狩猟免許と猟銃の所持許可を取りました。
1月に初出猟の際には、一発も発砲することなく犬が3頭の獲物(イノシシ)を獲ってくれました。
先日2回目の猟に行き、初めて目の前に大きなニホンジカが3頭出てきて数秒間お互い動きが止まり見つめあっていました。
あっ、撃たなければと初めて発砲!当たりません!こんなもんでしょうね・・・。
日本の法律では許可が下りるまで射撃をしたり銃を触ることさえできません。ですから、所持許可を得て初めて所持でき発砲することができますので車を買う時のように試乗して、なんてことができません。なので山で獲物に発砲するか、心配であれば射撃場で自分の銃で練習するしかありません。ちなみに、所持許可を持っていても自分の銃以外に触れることは違法です。
とりあえず、先日の発砲でちゃんと弾は出るということが分かっただけでも貴重な経験でした。

by pathovets | 2019-02-13 19:06 | トピック | Comments(0)

豚コレラの殺処分の現場

豚コレラの発生が一気に拡散し処分も大がかりとなり自衛隊への要請も行われているようです。自衛隊員のメンタルケアが必要とのニュースも見かけました。
口蹄疫での殺処分を経験した者として処分に関わるすべての人に対してメンタルケアが重要です!口蹄疫の殺処分の時に休憩時間中に自衛隊の方と話をする機会がありました。その時に自衛隊ではアメリカが湾岸戦争を行った際にPTSDを発症する隊員が多くそれを教訓にある一定期間(5日だったか?)従事したら休養あるいは別の任務を行うようになっていると聞きました。獣医師は日常的に動物の生死の中で業務を行っておりますが、連日何十頭、何百頭の動物を殺すような日常はありえません。やはり獣医も自衛隊員も業務中は無になって感情を押し殺し毎日の業務を遂行しているはずです。色々な対策準備ができる今の単発で発生している時期にメンタルケアについてもしっかり協議して頂きたいものです。これが、爆発的に発生し始めると殺処分優先でメンタルケアどころではなくなりますので。
私は、口蹄疫処分以降「耳鳴り」「片耳はある音域での難聴」となりました。だれも責任を負ってくれる人はいませんし、治るものでもないので色々な障害が出ないような予防策をしっかりしてもらいたいと思います。

by pathovets | 2019-02-09 11:38 | トピック | Comments(0)