パソベッツこじま 大動物診療部 in 川南町

pathovets.exblog.jp
ブログトップ

<   2018年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

党首討論

つい今しがたまで党首討論をラジオで聞いていました。最後の岡田代表で終了しましたが、「岡田さん、あなたルールを守らなきゃ!」と安倍総理からの最後のヤジ。一番社会的ルールを守らず自分本位で世の中のルール良いように変えている人の発言とは思えませんでした。本当に子供じみた言動ですが、これが一国の総理だということに「ビックリ」「恥ずかしい」。自分には責任はないでなんだかんだで国会を乗り切ったと思って、余裕さえ感じさせます。すごい!でも、こんな好き勝手に対して声も上げられない大多数の自民党議員は誰を見て仕事をしているのやら?官僚も同じです。野党ももう少ししっかりしてほしいものです。
[PR]
by pathovets | 2018-06-27 16:09 | 何でもコメント | Comments(0)

ジャンボタニシを喰ってみた!

うちの田んぼには飼料イネともち米が植わっています。飼料イネが植わった田んぼには1ヶ月くらい前からジャンボタニシの赤い卵が目立つようになりました。大量ではないですが、ぱらぱら見られます。先日、田んぼの中を見ているとジャンボタニシが目につきました。3枚ある田圃をざーと見回って5-6匹のジャンボタニシを捕獲しました。今のところ稲には全く害はないので薬を使ってということは考えていませんが。
d0167210_16173158.jpg
さー、捕獲したジャンボタニシをどうしようか考えました。近所の年配の方には臭くて食べるようなものではない!と聞いたことがあったのですがとりあえず家に持って帰ってネットで食べ方を調べてみました。以前、フランスに行ったときにエスカルゴを食べようと思い探したのですが地域性なのかレストランではなくビストロしか行かなかったせいか食べることができませんでした。そこでバターしょうゆ炒めにして食べることにしました。内臓のところが臭みがあると書いてありましたので、1時間くらい泥をはかせて十分ゆでて内臓のところは捨ててコリコリしたところを普通にバター醤油炒めにしました。
臭みもなくコリコリしてうまかった!エスカルゴってこんな味かな???
d0167210_16192146.jpg


[PR]
by pathovets | 2018-06-24 16:22 | 何でもコメント | Comments(0)

皮膚病が多くなってきました

毎日よく雨が降りますね~。さすが梅雨!
むしむし、ジメジメ・・・早く梅雨明けしてくれ!と思いますが、梅雨が明けたら本格的な暑さがやってきて大変です。湿度の上昇ともに皮膚病が多くなってきますが、当院でもやはり多く感じます。ただ、ここ数年私も皮膚病に力を入れていることもあって通年皮膚病を患っている子も重症化することがなくなりました。程よい所でうまく付き合うことができているように感じます。本来なら完治することが良いのですが、なかなかそうもいかず生涯付き合っていく病気です。飼い主さんが日ごろのスキンケアを一生懸命している証拠だと思います。私は週に2回とか1回シャンプーしてください。保湿を十分にしてください。他にもあれも・これも・・・と簡単に飼い主さんに言いますが、実はそれを実行するのはとても大変なことだと思います。でもそれを自分の中で皮膚コンディションをみながら加減してやっていくことで良好に維持できることがわかればしっかりやってもらえます。そこをいかにうまくサポートできるかが私の仕事です。皮膚病でお悩みの方、重症化しないうちに適切に対処しましょう!

[PR]
by pathovets | 2018-06-22 17:42 | ペット | Comments(0)

北方領土に光回線?

日本の領土でありロシアに実効支配されまくりの北方領土に光回線を引く工事が始まるようだ。
恥ずかしながら、私の住む地域には光回線はない!パソコンで色々な調べ物をして大きな容量になると
延々と時計がクルクルまわって何時間してもそのままの画面である。
ちなみに大学が卒業生を対象にしているe-ランニングの画像もとぎれとぎれで何が何だかわからず、15分程度の動画も1時間しても見終わらない始末。
研究職を辞めて開業した当時は田舎でも何かできるはず!と意気込んでいたが、論文1報入手することさえ困難だった。今は大学のおかげでこれは解消できている。
地方への移住、理想の田舎暮らし・・・、光回線もないのに不便な田舎にきて仕事ができるのか???

[PR]
by pathovets | 2018-06-11 20:09 | トピック | Comments(0)

熊本まで往診に行ってきました

熊本県の温泉地の老舗旅館の池の鯉が大量に死亡していくということで現地へ往診へ行ってきました。
大変りっぱな旅館でした。ちょっと私の稼ぎでは早々に手が出ないような隠れ家的な素晴らしい旅館でした。
魚の方は精査した結果、寄生虫の感染であることがわかりました。原因がわかれば対策がとれますので、一安心です。
今度は宿泊客として行ってみたいと思います。

[PR]
by pathovets | 2018-06-08 18:15 | ペット | Comments(0)